2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

Đà Nẵng Museum of Fine Arts」がダナン時美術博物館にて2019年の7月26日(金)から8月7日(水)までの8時から17時の営業時間内、合計で13日間開催されました。


今回開催された展覧会はダナンで初めての第1回国際美術展押して開催されたもので、15カ国から19人のアーティストが参加しました。


アーティストはダナンで作品をそれぞれ完成させ、展示しました。

アーティスト同士の交流も魅力的なイベントになりました。






ダナン市美術博物館



2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

2016年の12月19日にオープンした美術館で、3フロアからなっており

ベトナム全土で3番目中部初の美術館としてオープンしました。

元々は現在は市内の別の場所にあるダナン歴史博物館だった建物で、3階建てに改築しリニューアルオープンしました。

現代美術と民俗的な古美術品が400点以上収容されています。





ベトナムの美術館と大学


ベトナム全土でも、”美術館”は両手に収まる程度にしかありません。

歴史や戦争の博物館の割合が主を占めており、美術館でいうとハノイのベトナム美術博物館、ホーチミンにあるホーチミン美術館、ダナンのダナン市美術博物館とドンディン美術館の4つになります。

日本は世界的にも美術館が多い国のためベトナムの約90倍はあります。(博物館として数えられているため正確な数は不明)

確かに数でみるとかなり差があり、美術に関心がないように感じられますが、そういう訳でもなく、ましてや劣っているわけでもありません。


ベトナムはフランスの影響から、1925年に創立された美術大学がハノイにあります。ホーチミン市美術大学も2013年で創立100周年を迎えました。

ダナンに美術を専門とする大学はありませんがここ数年で街中に彫刻を置くようになったり、今回のように美術展を開催したりするなど美術に力を入れているようにも見えます。





ベトナムアーティストの活躍


著名な画家、作家も多数存在しており、アート文化はダナンでいうとまだまだ盛んではないものの、これから先急激に伸びしろを感じられ注目していくべき分野だと感じます。


日本でも東南アジアの美術展が行われることもしばしばあり、著名なベトナム人作家であるディン・Q・レ氏は日本の森美術館で個人展覧会も開催されたことがあります。


その他にもベトナムの美術発展に貢献した故ブイ・スアン・ファイ(Bui Xuan Phai)氏、故グエン・トゥー・ギエム(Nguyen Tu Nghiem)氏故グエン・ザー・チー(Nguyen Gia Tri)氏、故チャン・バン・カン(Tran Van Can)氏、近年若手で注目されているのはトゥアンアンドリュー・グエン(Tuan Andrew Nguyen)氏でしょうか、などなど上げだしたらキリがないほど素晴らしい作家の方々がいらっしゃいます。


また若手や、カフェの壁画を描いているアーティストも含むと、もっと活躍できる場があっていいのになと感じます。

これからのベトナムの美術の動向にも注目ができそうです。





2019年国際展覧会



2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

2019年国際美術展はベトナムと各国の良好な関係や観光がますます促進されることも願い開催され、15か国から19人のアーティストが参加しました。


オーストラリア、中国、フランス、ドイツ、インドネシア、イタリア、日本、韓国、モーリシャス、ミャンマー、フィリピン、ロシア、シンガポール、タイ、米国、ベトナムの合計15か国の出身アーティストの作品が飾られました。


日本からは1名、福岡を拠点に活躍されている木森圭一郎さんが出展。

ベトナムの夕立からインスピレーションを得て2日間で書き上げたというMưa(ムア):雨という作品を出展されました。





1階スペースを使用し展示



2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

キッズスペース

今回の展覧会とは関係ない模様

2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

展示スペース1

2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

展示スペース2

2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

美術館外にて展示

今回集まった作家全員で書き上げた作品。







出展された作品(一部)



2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

Poetry in Da Nang2 :Phattaraporn Leanpanit (タイ)水彩画




2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

Vu Binh Minh(ベトナム)Da Nang's rain




2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

Rain Kimori Keiichiro (日本)Mixed Techniqe




2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

It's enough! :Rushdi Anwar (オーストラリア)Mixed Medium




2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

Openwide:Laurie Collins (オーストラリア)Recycle steel




2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

The glory ending:Vu Bach Lien(ベトナム)acryic & linocut on canvas




2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

The wind of July:Lê Huy Tiếp(ベトナム)油絵




2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

Angel's Wings1:vu dinh tuan (ベトナム)アクリル




2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

I am hungry:Lampu Kansanoh(タイ)アクリル




2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

Fairy tale of human:Vu Bach Lien(ベトナム)韓紙とリノカット




2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

Glean & Herald:Edem Elesh(アメリカ)Mixed Medium





2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

Vu Binh Minh(ベトナム)







普段は常設展をお楽しみください



2019年第1回ダナン国際美術展の概要と様子

所要時間は長くて1時間程度。

ダナン時美術博物館の前にある通りはお洋服屋さんが多い通り。

カフェであれば徒歩2分の所に位置するTrung Nguyên Legend Caféがおすすめ。コーヒーのお土産も購入できますよ。









ダナン市美術博物館

Bao Tang My Thuat Da Nang


住所:78Le Duan St., Hai Chau Dist., Da Nang
電話:0236-3865668
営業時間:8:00~17:00
入場料:20.000VND

このコラムの場所をGoogleMapで確認する

※本記事掲載の店舗情報、料金などは取材時点で確認した情報です。各情報は記事掲載後に変更されていることがあります。
なお、本記事に掲載された内容による損害等は、弊社では補償いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

Danangdeビジネス

アジア・ASEANの中でも特に景気発展が著しいベトナムでも注目の都市ダナン。ホーチミンからは約1時間15分、ハノイからは約1時間20分、ダナン空港からダナン市の中心地までは約3kmとタクシーなら10分、ビーチまで20分とコンパクトでありながら、サミットも開催された国際都市。ベトナム中部人材の人柄と、ビーチリゾート地としても有名な環境の良さはビジネスでも大躍進中です。

- マスコミ、制作会社の皆さま -

ダナン市でのロケ、撮影サポート・コーディネート等について

弊社は、ダナン市での撮影の支援をしています。現地でのモデル、撮影クルーの手配、現地通訳からロケハン、ホテル専用車の手配まで、トータルでお任せください。

[問い合わせ先]

(日本国内)
〒320-0805 栃木県宇都宮市中央本町4-23
カテル有限会社
TEL 028-666-6666
メール

(ダナン市)
Floor 9, Seabank building, 373 Nguyen Van Linh street, Da Nang
Caters de Vietnam Co.,ltd.
TEL 0236 3550 021
Mail