旅する前に知っときたい!ベトナム・ダナンのトイレ事情



Xin chào!こんにちは

ダナン在住日本人のMy(ミー)とベトナム人のPhuong(フォン)です。


近年日本からも近く、温厚な性格を持ちつ現地の方と、海や世界遺産の入口として人気の高いベトナム・ダナン。

旅行をするとなった場合にトイレについて気になる方も多いのではないでしょうか?


トイレットペーパーは流せるの?公衆トイレはお金がかかるの?などなど今回はベトナム、ダナンのトイレの種類や注意点をご紹介します。






ベトナム・ダナンのトイレはほぼ洋式



お手洗いはほとんどが洋式、ボタン式で流すのが主流です。

洋式のお手洗いは旅行者の方はまず見ないと思いますが、ボタン式・レバー式か桶にたまった水を自分で組んで流すタイプがあります。


ベトナムのローカルの自宅や自宅でお店を開いている方のところ、また、ダナンマラソン大会の簡易トイレでは後者のトイレをまだ見かけますが、ほとんど見かけることはないと思うので心配しなくても大丈夫です。


トイレの標識についても、日本とほとんど同じく、男性、女性の2つのマークで示されているか、「restroom」もしくは「WC(water closet)」などの英語表記、または表記がなく男女共用のところも多くあり、ベトナム語で表記されているところはほとんどありませんので心配は無用です。





日本ブランドもベトナムでは大活躍



日本ブランドのTOTO、INAXのトイレも多く普及しています。

American Standardというブランドも比較的多くみかけ、その他にもcaesar、Cosani、HC、などたくさんの選択肢があるようです。


日本の会社の製品を見ると安心しますよね。さすがにダナンにはウォシュレットは普及していませんが、ウォシュレット付きのトイレができる日もそう遠くないかしれません。





ベトナムのトイレで注意する3つのこと



1.場所によってルールが違うので、トイレごとに従いましょう

ベトナムのスーパーには流せるタイプのトイレットペーパーと流せないタイプのトイレットペーパーの2つが販売されています。


比較的最近は流せるタイプのお手洗いが多いのですが、流せるトイレットペーパーを使用していても、排水溝の管が細く、詰まりやすいので流さないでと書いているところもあります。


その場所に応じて注意書きが記載されているので、その注意事項に従うのが望ましいです。




2.トイレットペーパーがなかったら店員さんに言ってもらおう・ティッシュを持参できるとベスト

最近は大体どこでもトイレットペーパーがあるところがあります。

レストランであってもまれにない時もありますが、その際は店員さんに伝えもらうか、卓上にある口を拭くようの紙を数枚持って利用すると良いでしょう。


ない場合を想定してポケットティッシュを持参するのもおすすめです。(ティッシュはスーパーやコンビニでも購入可能です)

綺麗なトイレにしか入れないのっ!という方は除菌シートもあるといいですね。





3.便座がびしょびしょなのはウォシュレットが原因!

ダナンでトイレに行くと必ずと言っていいほど便座の横にハンドシャワーが付いています。

これはウォシュレットの代わりにベトナム人に一般的に使用されているもので、レバーを押すと水(シャワー)が噴射されます。

いうなれば手動式ウォシュレットですね。


ベトナム人はトイレットペーパーがない場合このウォシュレットだけで我慢する、という人もいるそうです。(びしょびしょですよね・・・)


使用方法は、大抵は座った時の右側にシャワーがあるため、右手で取り使用します。

勢いが強いことも多々あるので使用する際は、ゆっくり押して、まずは水の勢いを確認するのをおすすめします。






よく見かける一般的なトイレ



standardなトイレの形はこちら。

こちらの写真に写っているお手洗いは綺麗な方ですが、トイレのタイプでいえば大体どこもこの形であることが多いです。







生活感溢れるローカルなお手洗い



ギリシャ料理店IRINIのトイレ

ベトナムの自宅ではまだお手洗いとシャワーが一緒になっていることもあり、その典型的なお手洗いの例です。

住居兼お店の場合はこのようなケースもあります。

なんと、「今シャワー入っているからもう少し待ってね」と言われたことも笑

このようにローカルレストランに行けばシャワーヘッド付きのお手洗いも見かけるかもしれません。






ミーケビーチ沿いの簡易トイレ



ミーケビーチ沿いの無料簡易公衆トイレ

ダナン市内の一番メインのミーケビーチ。

北の方に行くと簡易トイレはないのですが、旅行者が比較的集まりやすい場所には簡易トイレがあります。

公衆トイレですので時と場合によって変化はあるものの、比較的綺麗で、臭いも気になるということは少ないです。

女性にはお勧めしにくいトイレですが、急用な時は利用してみてもいいですが、私だったら海沿いのホテルのお手洗いを拝借してしまうかもしれません。


(公衆トイレはお金が3000VND~5000VND(約15円~25円)程度かかるところもあります)







ホテルの解放的過ぎるお手洗い


アラカルテホテル「ザ・トップ」のお手洗い

開放的過ぎるお手洗いと有名なアラカルトホテルのお手洗い。シティビューとオーシャンビューのお手洗いがあります。

夏場は湿気がこもり、もわっとしてしまうのが残念なお手洗いですが、解放感は抜群!







なぜか便座がないお手洗い



移転前のon the redioのお手洗い


ベトナムでは何回か便座がないお手洗いに遭遇する機会がありました。

正直便座があっても座れないようなお手洗いも多くあるので、どっちみち腰を浮かせることには変わらないのですが、高さと足の長さによっては微妙についてしまいそうで怖い!と思うトイレです。

見てるだけでテンションが下がるお手洗い!和式のように便器の上にしゃがんむ人もいるので靴の跡でどろどろだったりすることもあります。

このようなお手洗いに出会うと私は即座に見なかったことにします!







ダナン市内でトイレに行きたくなったら




街中でどうしても行きたくなった場合は、近くのホテル、大きなスーパーやショッピングモール、チェーン店のカフェに入ることをおすすめします。


公衆トイレは海沿いにありますが、お世辞にも綺麗とは言えません。

何とか我慢すれば入れる感じですが、和式である場合が多く、もちろんトイレットペーパーもありません。

足元も壁も汚いので女性にオススメできません。







サニタリー商品も豊富で急に必要になっても大丈夫


日本ブランドのソフィの肌想いやロリエ、タンポンはコンビニやスーパーでも流通しているので安心。

量も多めから少な目まで豊富な種類から選ぶことができます。


もし必要になったら、近くのコンビニ(Vin-martが確実)かスーパーでお買い求めいただけます。





在住女子目線で感じること



まだ「キツイなー、入れないな」という場所もあります。

何がキツいかというと、見た目は大丈夫でも、湿度が高くこもってしまう、と臭い対策の2つをされていないことがあるためです。

ベトナムの湿度は夏場は特に高く、トイレのような小さな空間に湿度がたまってしまいがちです。

”むわぁあ”って言う感じです。

これはダナン特有の悩みでもあるでしょう。


また細かいところが若干気になってしまうお手洗いもあります。

トイレットペーパーホルダーが座っていては取れないような位置にあったり、妙に個室が狭かったり、逆に広すぎたり、シャワーも一緒についていることもあるので水浸しだったり

日本で生活していた時は快適すぎたのでしょう、ちょっとしたことですが不便だなーどうしてこうなってしまったのだろうと考えさせられてします。


しかし他の先進国など含む海外に比べてもレストランのお手洗いは綺麗だと感じるので、かなりレベルは高いと思います。

欲をいうなれば、ローカルとの差が激しいので水回りの底上げが、今後進むと嬉しいなと日本人的には思います。





まとめ



・旅行者がいくようなレストランやカフェは比較的綺麗!

・使用済みのトイレットペーパーはゴミ箱へ!

・もしものために、ティッシュを持参すると便利!

・トイレは行けるときに行きたくなくても綺麗なところで行っとくこと!


今回はベトナム、ダナンのトイレ事情と注意点について紹介しました。

皆様のダナンへの滞在がより良いものとなりますように。



Với các quý khách hàng kinh doanh trong lĩnh vực nhà hàng, cafe, khách sạn, spa, cửa hàng có nhu cầu đăng bài trên site này thì vui lòng liên hệ với chúng tôi qua email danang@caters.co.jp.

※本記事掲載の店舗情報、料金などは取材時点で確認した情報です。各情報は記事掲載後に変更されていることがあります。
なお、本記事に掲載された内容による損害等は、弊社では補償いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

Danangdeビジネス

アジア・ASEANにおいて特に経済発展が著しいベトナム。
特に中部のダナンは、人口約96万人のベトナム第三の都市とも呼ばれる港湾都市。
首都のハノイと南部のホーチミンから片道1時間強とアクセスが良く、日本の各都市からも直行便が飛んでいます。ダナン市内もコンパクトで、国際空港から中心地まではタクシーで約10分、ビーチまでは約20分の距離。
リゾート地としても知られるダナンは、主要国首脳会議が開かれるほど治安も良く、IT系や工場系を主とする国際的な企業からもビジネスの拠点として選ばれています。

[問い合わせ先]

日本国内
ダナンの人材サポートのことなら カテル有限会社
〒320-0805 栃木県宇都宮市中央本町4-23
カテル有限会社
TEL 028-666-6666
メール

ダナン市
ダナンの海外進出、人材採用コンサルティングは カテル・ド・ベトナム社まで
15th floor, Vietinbank Building, 36 Tran Quoc Toan Street,
Hai Chau 1 Ward, Hai Chau Dist., Da Nang, Viet Nam
Caters de Vietnam Co.,ltd.
TEL 0236 3550 021
Mail