2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう

2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう


Xin chào!こんにちは

ダナン在住日本人My(ミー)と、ベトナム人のPhuong(フォン)です。


服は自分を表す一部とも言われたりする、毎日着る欠かせないもの。


素材や形、ディテール、洋服が作られるまでのストーリー、など人それぞれ服を購入する基準は色々あるのではないでしょうか。


今回は私が感じている洋服選びの難しさなど、関係のない話もしつつ…


ダナンで見つけたカワイイお洋服屋さん「lalin(ラリン) 」のご紹介します。





外国人の私が〈着たい服〉を見つけるのは一苦労だった

ダナンで〈服〉について考える時間が増えた



まず初めにダナンに住んで1年目の現在「着たい洋服を見つけるのに苦労している」という私の感想をお伝えさせて下さい。


色々な意見があると思いますが、私は日本からある程度洋服を持ってきてよかったと思っています。

ダナン市内にはもちろん洋服屋さんやお直し屋さんがたくさんあり、むしろ洋服はたくさんあります。

しかしその中で「着たい服」に出会う確率、特に服のスタイルが男性よりも多様な女性は非常に難しいと思います。


まず皆さんの「着たい服」もしくは「服の購入基準」は何でしょうか。

例えば

〈できるだけ長持ちするもの〉

〈自分のスタイルに合っており実用的かつ汎用性があるもの〉

〈素材の質感がしっかりしているもの〉

〈服のルーツが見えるもの〉

などが私の場合上げられます。


これらを2つ以上満たそうとするだけで、ダナンの路面店で洋服を見つけるのは非常に困難です。

日本の基準で洋服を探していると見つからないんですよね。

まだお店のことを知らなかった時、一着の白いワンピースを探し求めて、ローカルの洋服通り2ヵ所で洋服店を渡り歩き計3日間で9時間近く、探し続けて服が見つからなかったという経験もありました。

現在は用途に分けて8店舗ほど洋服を購入できる店舗を自分の中でストックしていますが、特に初めの頃の服探しは難航しました。






ベトナムファッションは日本のファッションと異なる


ではダナンではどのような「衣類」が販売されているのでしょうか。

ダナンに住んで1年と日の浅い私の目線ではありますがお話させて頂きます。


ダナンでは他の東南アジア諸外国と同じように通年暑いことから通気性が良く、すぐ乾くことを念頭に置いているのかペラペラの薄い素材の洋服が圧倒的なシェアを誇っていると思います。

そのため〈質感がしっかりした衣類〉〈長持ちする衣類〉で尚且つ〈コスパもいい衣類〉はあまり販売されていません。


更にデザインだけで見ても、ベトナムと日本は異なります。

例えばベトナム人に来て驚いたのは花柄の洋服がとにかく多いこととシンプルなデザインの洋服が少ないことです。

全体的に細見の女性が多いことから細見の洋服や若い子向けであれば韓国の影響もあるのかお腹が出たデザインや絞りがきいたデザインも多いです。

ベトナムのファッションが好きだったり似合うのであればいいのですが、日本の方が安くて自分に合った服は見つけやすいと感じます。


ベトナムに流通している通気性が良い洋服は、薄いものが多く、数か月から長くても2シーズンもすればくたびれてしまいます。

周りのベトナム人の友人もホーチミンや海外から取り寄せて購入している人も多く、路面店では探すのが大変と思っているのは共通の認識なのかもしれません。


ではベトナムで〈質感がしっかりした衣類〉を購入できないのかといえばそうではありません。

ダナンで〈しっかりしたもの〉というものあれば、小さい町のセレクトショップより、ビンコムショッピングセンターや空港側のNguyễn Văn Linh通りのいくつかの大型店であればオフィスカジュアルからパーティー用までの綺麗目なお洋服も割と簡単に見つけることができます。

ダナンにも数店舗あるPANTIOはZARA basicのようなライン展開が多く愛用しています。


しかしオフィスカジュアルを取り扱っているお店ではすこしフォーマルすぎたり、旅行者の方が求めているようなゆったりとしたリゾート感のある洋服やもっとラフな洋服はあまり販売されていないので、そこが難しいところ。

そう、カジュアルな感じで、夏感もあり、しっかりした洋服を見つけるのが非常に難しいんです!



今回は、私もお気に入りの、品質がよく、コスパもいい、そして南国旅にもピッタリの服が見つかるベトナム人の仲良し姉妹が経営するlalin(ラリン)のご紹介です。






日常使いや旅行にもピッタリ

若手ベトナム人姉妹が営むラリン


3年前にlarinはダナン市内に、ベトナム人姉妹の2人でオープンしました。

こちらの店舗はコロナでホイアンから観光客の方がいなくなってからすぐに移転しオープンしたお店で、ダナン・ホイアン・ダナンと移転を繰り返し3カ所目の場所です。

2歳差の20代のお二人はとても仲良しで、幼いころから洋服を作ることが大好きだったお姉さまがデザインを担当した洋服を販売する形で二人で経営しています。

お二人ともマーケティングを専門に勉強、自分でビジネスを行うことに興味があり自分たちのお店をオープンさせることに戸惑いなどはなかったようです。


lalin(ラリン)はそんなお二方の名前から付けた店名です。

妹さんのニックネームの「ラ」、お姉さんのお名前の「リン」で「ラリン」。

2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう

写真左:妹さんのラさん

写真右:お姉さんのリンさん



2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう

店内は清潔でワンフロアのコンパクトな造り




涼しげでデザイン性の高いお洋服が手に入る


洋服のデザインはオーナーさんでもある姉妹のお姉さん、リンさんが行っています。

幼少期から洋裁は好きだったものの、専門的に学ぶことは両親から反対され、色々な方法でコツコツずっと勉強していたのだとか。

実際に洋服を縫う店で教えてもらったり、自分で動画などで勉強したり、好きなことを突き詰めてお店をオープン。


販売されている服は布はサイゴンから購入し、一日10枚程度を縫える洋裁の専門チームに完成させてもらっています。

サイゴンからの布はリネンのシルクを使っており、他のお店にはない独特のデザインと質の高さが魅力です。

2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう

ワンピースは約300K~700K

同じ生地から作られたものでも形が異なるものもあり、大人の双子コーデにもピッタリ


2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう

くるぶし近くまである長めのデザインが豊富。

ベトナムの伝統衣装のアオザイからインスピレーションを受けたようなデザインや個性的なデザインも展開しています。


2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう

品数はそこまで多くないものの、一点ものが多く見ごたえがあります。

長さが気になる場合や、直してほしい部分があれば店員さんに伝えお直しも可能。


2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう

トップは約300K~400K

現代的なデザインの物から、少しアジアンテイストなお洋服まで取り揃えられています。



2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう

セレクトされた靴の販売も行っています。






子ども服の展開も


現在は20代以上の女性をターゲットにワンピース、トップスのデザインを手がけます。

また、自身も子どもを産んだことからキッズの洋服も手掛けるようになり、現在は親子でお揃いの洋服を着れるシリーズが人気。

2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう
2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう
2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう
2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう





アオザイ購入・レンタルもできます


店舗は観光客の方も多い通りに面していることからアオザイレンタルやアオザイ販売も行っています。

2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう

アオザイセットは約900K~1200K

2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう

レンタルの値段は1日一つのセット150K






試着して自分にピッタリなものを



2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう






さいごに


2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう

lalinでは女子二人で似たようなコーディネートで着ることができる洋服の展開がたくさんされています。


今回お店を経営するリンさんとラさんにお話を伺うことで、lalinのデザイナーであるお姉さんのリンさん自身が、「妹さんと着たい洋服」だったり、「自分のお子様と着たい洋服」だったりどれも自分事として「着たい思う洋服」を展開していることを知ることができました。


自分で自分のために、もしくは身近な誰かのために作ろうと思うと、自然と「いいお洋服」ができるはず、lalinのお洋服を見て納得しました。


今後も年を重ねるにつれデザインや商品展開も変わってくるかもしれないとワクワクしてしまう、そんなリンさんとラさん姉妹の素敵なお店でした。


ダナン市内で上質でオリジナリティーの高いお洋服が欲しくなったら是非lalin(ラリン)に足を運んでみて下さいね。









2人姉妹が営むダナン市内の洋服店lalin(ラリン) ・オリジナルのここでしか買えない服を持ち帰ろう


lalin


営業時間:8:00~21:00(※5月27日現在コロナウイルスの影響によりオンライン販売のみを実施しています。)
住所:141 Đường Trần Phú, Phước Ninh, Hải Châu, Đà Nẵng

お店の場所:ダナン大聖堂の目と鼻の先
Facebook:https://www.facebook.com/thelalin/

Với các quý khách hàng kinh doanh trong lĩnh vực nhà hàng, cafe, khách sạn, spa, cửa hàng có nhu cầu đăng bài trên site này thì vui lòng liên hệ với chúng tôi qua email danang@caters.co.jp.

※本記事掲載の店舗情報、料金などは取材時点で確認した情報です。各情報は記事掲載後に変更されていることがあります。
なお、本記事に掲載された内容による損害等は、弊社では補償いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

Danangdeビジネス

アジア・ASEANの中でも特に景気発展が著しいベトナムでも注目の都市ダナン。ホーチミンからは約1時間15分、ハノイからは約1時間20分、ダナン空港からダナン市の中心地までは約3kmとタクシーなら10分、ビーチまで20分とコンパクトでありながら、サミットも開催された国際都市。ベトナム中部人材の人柄と、ビーチリゾート地としても有名な環境の良さはビジネスでも大躍進中です。

[問い合わせ先]

(日本国内)
〒320-0805 栃木県宇都宮市中央本町4-23
カテル有限会社
TEL 028-666-6666
メール

(ダナン市)
Floor 9, Seabank building, 373 Nguyen Van Linh street, Da Nang
Caters de Vietnam Co.,ltd.
TEL 0236 3550 021
Mail