ベトナムで試すべき11のドリンク!

ベトナムで試すべき11のドリンク!

ベトナムはブラジルに続き世界第2位の生産量を誇るコーヒーの国。

コーヒーはもちろん、その他にもベトナムならではの飲み物が多く存在します。


特に暑いベトナムは水分と糖質を一緒に取れる、甘い飲み物が多く存在します。

カフェ文化が根付き、朝昼夜問わず、食事の後にカフェが主流で、安価な値段で楽しむことができます。


ベトナム、ダナンに来たら飲んでほしいドリンクを11セレクトしてみました。









1.ベトナムコーヒー(Ca phe sua)


相場:約100円(25.000VND)~200円(50.000VND)前後

ベトナムで試すべき11のドリンク!

フランス式のフィルターで抽出し、コンデンスミルクを加えて飲む事が一般的。アイス、ホット共に同じ入れ方です。アイスの場合はコーヒーとコンデンスミルクをよくかき混ぜてから氷の入ったコップに注いでアイスにします。


使用するコーヒー豆はベトナムで生産量の多いロブスタ種を使用しています。

練乳の

豆の焙煎方法にもよりますが基本的にはナッツのような匂いがし、そのまま飲むと苦いのが特徴。

定番のメニューのため簡単に見つけることができるはずです。





2.バクシウ:バクシュー(Bạc xỉu)


相場:約100円(25.000VND)~200円(50.000VND)前後

ベトナムで試すべき11のドリンク!

コーヒー、練乳、ミルク、氷です。

そのほとんどがアイスで提供されていますが過去一度だけホットで提供しているお店もありました。

上記のベトナムコーヒーと大きく違うのは、練乳の量です。

バクシウは練乳の量が半分を占めるのが特徴で、フランスの植民地時代の時代、新鮮な牛乳はかなり高価だったことからBạcXỉuが生まれたとされています。

定番のメニューのため簡単に見つけることができるはずです。






3.ココナッツコーヒー(cà phê dừa)


相場:約200円(50.000VND)前後

ベトナムで試すべき11のドリンク!

甘いココナッツミルクとコーヒーを組み合わせたココナッツコーヒー!

ココナッツミルクはシャーベット状にしてあり、その上にコーヒーをかけるのが一般的。

提供されるときにかかって出てくる場合と、自分で書ける場合の2パターンある。

ダナン市内の有名店はコンカフェかTHE LOCALBEANS。

コンカフェは掛かっている状態での提供、THE LOCALBEANSは別々に提供され自分で掛けることができます。

基本的に冷たいものが主流です。





4.エッグコーヒー(cà phê trứng)


相場:約200円(50.000VND)前後

ベトナムで試すべき11のドリンク!

エッグコーヒーは温かい飲み物。

卵黄、砂糖、加糖練乳を混ぜて飲まれるベトナムの伝統的なドリンク。

提供されているときも混ざっている状態ですが、温かいうちに再度よくかき混ぜてから飲みます。

エッグコーヒーという名前の先入観で卵の味がするのではないかとお思いになるかもしれませんが、卵の味や風味は全くしません。


牛乳が手に入りにくかった1946年にハノイのカフェで生まれたとされるのがエッグコーヒー。

この元祖エッグコーヒーも飲んだことがありますが、甘い、重めの飲み物です。ダナンで飲むエッグコーヒーはさらに甘いなと感じます。

日本にもこのエッグコーヒーが上陸したそうなのですが是非本場ベトナムで味わってみてほしい一品です。






5.アボカドシェイク(Sinh tố bơ)


相場:約100円(25.000VND)~200円(50.000VND)程度

ベトナムで試すべき11のドリンク!

アボカドシェイクはベトナムの定番のフルーツジュースの一つ。

下で紹介するシントーと呼ばれるスムージーと同じなのですが、アボカドは特に人気の飲み物の一つなので個別でのご紹介です。

ボカドシェイクだけのお店もあるぐらいなので、ぜひ試してほしい!


アボカドシェイクはアボカドと練乳、氷をミックスさせた非常に簡単な飲み物。上にココナッツスナックをかけて提供するお店も多いです。

またこのシェイクにコーヒーを混ぜたお店など、アレンジをしている店も多く見られます。





6.フレッシュフルーツジュース(nước 〇〇〇)


相場:150円~200円(50.000VND)前後

ベトナムで試すべき11のドリンク!

屋台でも人気のフレッシュフルーツジュース。


暑い時でも水分と糖分を一度にとれるからおすすめ。

定番はマンゴー、パイナップル、レモン、スイカ、パッションフルーツなど。

ベトナムでは時期によりますがマンゴー、パイナップル、スイカなどは本当に安価な値段で購入することができます。マンゴー1つあたり50円~100円

程度。安い時は25円で購入することもできます。

お店ではオーダーを取ってから、果物をカットしミキサーに入れて提供されます。本当にフレッシュな果物を飲むことができるので観光客にも人気。


屋台の場合は「no sugar」と確認した方がよいです。

nước=水、汁

nước ép=ジュース(決まった果物のジュースの場合 ép を言わないでその果物の名前を入れる

マンゴージュース:nước xoài (ヌック ソォイ)

パイナップルジュース:nước thơm(ヌック トム)

オレンジジュース:nước cam(ヌック カム)

サトウキビジュース:nước mía(ヌックマイ)







7.フルーツティーTrà 〇〇)


相場:約200円(50.000VND)前後

ベトナムで試すべき11のドリンク!

桃ティーやライチティーはベトナムのメニューの定番。

そのままお茶に果肉をごろっと入れたものです。

大体ライチや桃であれば3つ4つの果肉が入っており、少し小腹も満たすことができます。

フルーツ大国ならではのお茶と果物の組み合わせを是非楽しんで!

おすすめは一年中楽しめるフックロンの「ジャスミンライチティー」

ちなみにベトナムで「ライチ」と言っても90%通じないので注意が必要です!


桃茶:Trà Đào(チャーダオ)

ライチティー:Trà vải(チャー ヴァイ)

※写真は自宅で作ったものです。





8.シントー(Sinh tố


相場:50円(12.000VND)~100円(25.000VND)前後

ベトナムで試すべき11のドリンク!

シントーとは氷、果物を主とした飲み物、またはおやつのようなものです。

シントーには主に二種類の形があります。

一つはストローで飲むシェイクの形、もう一つは果物と氷を自分でスプーンでつぶし、混ぜながら食べる(飲む)ものです。

ストローで飲むタイプのものは、正直フルーツシェイクと変わりません。

混ぜながら食べるものは写真一番右と左から2番目のものになります。

混ぜながら食べるものはチェーというベトナムのおやつを販売しているお店で食べることが多く、シェイクになっているものはカフェの定番メニューになっています。






9.ヨーグルト(sữa chua)


相場:50円(12.000VND)~100円(25.000VND)前後

ベトナムで試すべき11のドリンク!

これはほぼ食べ物の部類に入りますがご紹介しておきます。

ベトナムのコンビニや屋台(昼から夜)でよく見かけるヨーグルトのデザート。

人気のドリンク、デザートの一つです。

これを飲むと少し現地人になった気分になれます。

味はちょっと甘いヨーグルトで、いたって普通です。


ヨーグルトと氷だけの場合もありますし、ヨーグルトと赤いモチ米を組み合わせたデザートもあります。

もち米が付いた場合はsữa chua nếp cẩmとして売られています。

もち米バージョン珍しいですし、美味しいので是非お試しください^^






10. ビール


相場:50円(12.000VND)~100円(25.000VND)前後

ベトナムで試すべき11のドリンク!

ダナンに来たらやはり中部のLARUEとベトナムビールの代名詞でもある333(バーバーバー)がおすすめ!(333はレストランではあまり見かけませんがコンビニやスーパーで販売しています)

地域ごとに分けると以下のようになります。


北部のBIA HA NOIHALIDA

中部のLARUEFuda BEER

南部のBIA SAIGON333

外国産はタイガーハイネケンサッポロ


ベトナムビールは味が薄く、更に氷を入れて飲むのが主流。

味もさらに薄まります。しかしキンキンに冷えたビール。

暑い中食事をしながら飲むのにはピッタリのビールです。

薄味が苦手という方には北部のビールがおすすめです。

苦みが感じられ、ビールを飲んでる!という感覚を感じられますよ^^






11. B-52やフルーツカクテル



ベトナムで試すべき11のドリンク!

上記の写真はB-52

カルーア×ベイリーズ×コアントローが入った甘いコーヒーのような、でも爽快感のあるお酒です。火をつけて、細めのストローをさし、一気に吸いこんで飲みます。本当に火ですので冗談ではなく一歩間違えると喉をやけどします。


カクテルでは、モヒートフルーツカクテルは日本よりベトナムの方が原材料の栽培が盛んですのでどこに行っても楽しめますし、おいしいです。

ノンアルコールカクテルを置いているバーも多いですので、連れが飲みたいけど私が飲めない…という場合も大丈夫です。


B-52は日本でも材料はあるので作れると思いますが、あまりポピュラーではないですよね。

その

理由としてはB-52はアメリカの空軍が持っているB-52爆撃機(爆弾やミサイルを搭載している機体)をさすからだと考えます。第二次世界大戦時に使われた爆撃機B-29を日本人は連想してしまうのではないでしょうか。


正直私もなぜベトナムでこのお酒がバーに行くと置かれているのか不思議に思います。

もやっとする方は歴史をまとめましたので以下の<おまけ>B-52・歴史のあれこれを参照ください。






是非今回ご紹介した飲み物を注文してみて下さい^^



ベトナムで試すべき11のドリンク!

頼み方の一例


・Cho tôi cái này. チョートイカイナイ

(〔指を差しながら〕これください)

※人称代名詞、数、具体的な主語がないため、ネイティブはあまり使わないが通じる文章。Chị/Anh ơi(お姉さん/お兄さんという人称代名詞を文章の初めに持ってくるとベター)


・Chị/Anh ơi, tính tiền (cho em với). チ/アン ォイ, ティンティエン (チョーエンボイ)

(お姉さん/お兄さん お会計(お願いします))

※「お願いします」を付け加えた方が丁寧だが、 tính tiềnだけでも良い。


それぞれの単語の意味

Cho:下さい

tôi :私

Chị:年上の女性に使う人称代名詞

Anh:年上の男性に使う人称代名詞



数字

1:một (モッ)

2:hai (ハイ)

3:ba (バー)

4:bốn (ボン)

5:năm (ナム)

6:sáu (サウ/サオに近い発音)

7:bảy (バイ)

8:tám (タム)

9:chín (チン)

10:mười (ムイ)










<おまけ>B-52・歴史のあれこれ


ベトナム戦争って?内戦だけどロシアとアメリカも絡んだ複雑な背景

日本では広島長崎の原爆投下に使われたB-29が誰もが知る最も有名な戦闘機なのではないかなと思います。B-29が使用された第二次世界大戦後に、ベトナムで大きな内戦が起きます。ベトナム戦争です。

ベトナムはそれまでフランスの植民地であり独立した国家ではありませんでした。第二次世界大戦終了後ベトナムは独立を宣言しますが、フランスの介入があり北と南は二つの国家に分断。この二つの国家同士で戦争がはじまり、現在のベトナムになるまで30年間お時間を要しました。

このようにベトナム戦争は内戦でしたが、フランスや第二次世界大戦後も残った二つの大国アメリカやソ連のわだかまりが更にことを大きくし、大きな戦争になってしまいました。このベトナム戦争に初めて使用されたのがB-52です。


ベトナム戦争ではホーチミン率いる北ベトナム軍とアメリカ軍が莫大な軍事支援をした南ベトナム軍の戦いは結果的に北の勝利に終わり、アメリカは初めて敗北しました。

敗北する前の作戦でアメリカは勝つか負けるかの最後の手段として枯葉剤を北ベトナム軍がいる南の地域に散布しました。その量、4400万リットルと言われています(この約1.6倍の量とも言われており定かではない)。森に逃げ込んだ北ベトナム軍を上空から攻撃するのは困難だったため、森をなくしてしまおうという安易な考えからでした。


ベトナム戦争の傷痕

枯葉剤は、ただ木々を枯らすだけではなく、人体に大きな影響をもたらしてしまう化学兵器として当時世界で使用は認められていませんでした。

その為戦争終結後、国際的にはもちろんアメリカ国内でもアメリカ軍が枯葉剤を使用したことについてアメリカ軍は大きな批判を受けることになりました。

日本で治療し、マスコミに取り上げられ有名になった「ベトちゃんドクちゃん」。彼らもこの枯葉剤の影響で結合双生児として生まれることになります。他にも枯葉剤の影響により、奇形や障害を持つ子どもと言われる形で生まれてきた子どもがたくさんいました。

遺伝子に影響を与えてしまった場合はその子どもにも孫にも影響を与えてしまう場合があるため、現在進行形の話なのです。



現在

人体の影響はもちろん、ベトナムの土地までも汚染してしまった枯葉剤。

ベトナム戦争が終結した1975年4月30日以降も、現在に渡るまで土壌と堆積物が汚染された土地から地下水や川にダイオキシンが流れ健康被害を訴えている人がいます。今年2019年の4月アメリカが枯葉剤の浄化を10年にわたってすると取り決めました。

ベトナム戦争が終結してから2019年で44年の歳月が過ぎました。

もう44年、まだ44年どう思うかは人それぞれですが44年たった今も現在進行形で苦しんでいる人がいることを忘れてはいけない、と私は思います。

このような形ではありますが、ベトナムの歴史に触れるのもいいのではないかなと感じます^^

ダナンにあるダナン博物館でも戦争の歴史に触れることが出来ますので是非足を運んでみてくださいね。

※本記事掲載の店舗情報、料金などは取材時点で確認した情報です。各情報は記事掲載後に変更されていることがあります。
なお、本記事に掲載された内容による損害等は、弊社では補償いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

Danangdeビジネス

アジア・ASEANの中でも特に景気発展が著しいベトナムでも注目の都市ダナン。ホーチミンからは約1時間15分、ハノイからは約1時間20分、ダナン空港からダナン市の中心地までは約3kmとタクシーなら10分、ビーチまで20分とコンパクトでありながら、サミットも開催された国際都市。ベトナム中部人材の人柄と、ビーチリゾート地としても有名な環境の良さはビジネスでも大躍進中です。

- マスコミ、制作会社の皆さま -

ダナン市でのロケ、撮影サポート・コーディネート等について

弊社は、ダナン市での撮影の支援をしています。現地でのモデル、撮影クルーの手配、現地通訳からロケハン、ホテル専用車の手配まで、トータルでお任せください。

[問い合わせ先]

(日本国内)
〒320-0805 栃木県宇都宮市中央本町4-23
カテル有限会社
TEL 028-666-6666
メール

(ダナン市)
Floor 9, Seabank building, 373 Nguyen Van Linh street, Da Nang
Caters de Vietnam Co.,ltd.
TEL 0236 3550 021
Mail