ベトナム全土で急増中!持ち出し可のスマホ充電器レンタル「pinbus」が今熱い!?

 

 

スマホの充電がない…
そんな時に使えるのが、持ち歩けるレンタルモバイルバッテリーを提供する「pinbus(ピンバス)」。

 

無人のバッテリーレンタルサービスは、支払方法とスマホアプリだけ確保できればなんと1時間10,000VND(約50円)からレンタルできるという優れもの!

 

本記事では、今ベトナムの各都市に急速に設置されている「pinbus」サービスについてや、実際に使ってみてどうだったかについてご紹介していきます。
 

 

 

レンタルモバイルバッテリー「pinbus」


持ち歩き式充電器をベトナム全土に普及させるというミッションの下、2020年1月にベトナム人によりホーチミンで立ち上げたスタートアップ企業「pinbus(ピンバス)」。

 

2021年2月で点でホーチミン市内の区に1000台を設置をしており、現在は2022年8月時点でベトナム全土で何台かは不明なものの、アプリを見ると約1万台はハノイ・ホーチミン・ダナン・ホイアンに設置されている様子が見られます。
全国のカフェ、レストラン、ホテル、ジム、お店、薬局など様々な場所に設置されています。

左からホーチミン/ハノイ/ダナン・ホイアンの設置スポット

 

ダナンでは5つの充電器が収納できるスロットタイプの充電ステーションの普及が広がっています

 

充電器の大きさは150x78x12mm、容量5000mAh、出力は12W(5V/2.4A)です。

本体には2つのケーブルが付属しており、1つのバッテリーで最大2台まで充電可能。

Lightning ケーブル と、Micro USB とType-C コードが合体しているものが付いているため、アップル製品、アンドロイドロイド、ゴープロ、イヤホン、電子タバコなど幅広く充電することができます。

 

1時間10,000VNDからレンタル可能と、持ち運び可能で返却場所も自由で、低価格であることが最大の魅力。

また、バッテリーの充電が 60% 未満のものは提供しないようになっており、もしバッテリーが60%未満*の場合は返却が可能です。

 

 

 

1時間約50円で借りられる「pinbus(ピンバス)」の使い方



1.アプリ(無料)をインストール

SMS認証を行い、ユーザー情報を入力します。その後アプリ内言語が化けてしまっている場合はアプリ内の「設定」→「言語」で英語・中国語・ベトナム語の3つから選択し設定します。

 

 

2.レンタルスポットを探す

アプリのメイン画面から、近くのレンタルスポットを検索&確認することができます。

 

 

3.アプリからQRコードを読み込み支払い方法選択

箱に貼ってあるQRコードを読み込んだら、支払い方法を選ぶ画面に出ます。
momo、Grubmoca、ZALOPay、VNPAY、ベトナム発行のクレジットカード、ベトナムの銀行カードの「6つの支払い方法」から選ぶことが可能です。

使用する際はデポジットの300,000VNDのみ引かれるシステム。レンタルにかかる1時間10,000 VNDの費用はは、後払い制です。

 

 

4.ボックスから取り出して、デバイスをチャージ!

支払いが無事完了すると勝手にボックスからチャージャーが飛び出るので、それを取り出しチャージをしましょう。

借りることができるとアプリで借りている時間がカウントアップされていきます。

 

 

5.充電が完了したら最寄りのレンタルスポットへ返却

返却をする際は、借りた場所でなくてもOK。近くの空のスロットをアプリから探し返却しします。

返却する際に使用した分の支払いを行い、デポジットで支払った300,000VNDは返却されます。

 

 

 

\こういうトラブルもあるかも/

アプリや機械が貧弱だと思える部分も


今回は実際に日本とベトナムで購入したデバイス(アンドロイドとアイフォン)の2台でトライ。

しかし今回は実際に充電器をレンタルすることはかないませんでした。

 

最もネックなのはシステムが貧弱であること&支払い方法が狭いという点です。

実際にサービスを使用して困った点も4点ご紹介しておきます。

 

 

・元の携帯の言語が3つの適応言語以外の場合、設定しないと文字化けする。

スマホの設定言語が、アプリ適応の「英語」「中国語」「ベトナム語」以外に設定されている場合、文字化けですべてのアイコン文字や文章が「missing」となります。アプリ内の設定を探し、選択することで解決されますがシステムの弱い部分だと感じます。

 

・通信エラーになりがち

なぜかこのアプリだけ利用する際にネットワークエラーになり全く進まなかったことから、アプリ側に問題があるのではないかなと感じました。

 

・支払方法が外国人に優しくない

pinbusで認められている6つの決済方法のうち4つの決済方法で試したところMOMOでしか成功しませんでした。クレジットカートやATMカードもベトナム国内発行のものを試しても決済できませんでした。

通信エラーもダブルパンチで、デバイスや特定の条件が揃わないと決済が難しいと感じました。

そもそも電子決済アプリは日本人には使用されていないものばかりですし、クレジットカードもATMカードも旅行者の方は持っていないので在住者の方しか難しそう。

現時点では、外国(とくに日本)から来たお客様への利用は勧められる支払方法ではないのが残念です!

 

・充電器がスロットから出てこない

そもそも充電器がスロットから出てこないというトラブル発生。

アプリ画面は使用時間を刻む画面になりましたが、一向に出てこず、カスタマーセンターに連絡しても解決しなかったためご厚意でバウチャーを頂いて今回は終わりました。

 

※この件については公式Facebookのメッセンジャーにて報告済みです。改善されることを望みます。

 

 

さいごに


今回は今ベトナム全土で見かけるレンタルモバイルバッテリーサービス「pinbus(ピンバス)」をご紹介してきました。

結局2台のスマホで試したところ借りることはできなかったのですが、カスタマーセンターのレスポンスが非常に速かったことは高評価であると感じます。

 

今後アップデートや改善がされ、外国人を含む多くの人が簡単に利用できる仕組みになることを期待します。

もし興味がある方は時間があるときに是非一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

pinbus(ピンバス)

ホームページ: https://pinbus.vn/

アプリ(App):https://apps.apple.com/vn/app/pinbus/id1535619524

アプリ(Google):https://play.google.com/store/apps/details?id=vn.com.pinbus.consumer

 

 

Với các quý khách hàng kinh doanh trong lĩnh vực nhà hàng, cafe, khách sạn, spa, cửa hàng có nhu cầu đăng bài trên site này thì vui lòng liên hệ với chúng tôi qua email edit@danang.jp.

※本記事掲載の店舗情報、料金などは取材時点で確認した情報です。各情報は記事掲載後に変更されていることがあります。
なお、本記事に掲載された内容による損害等は、弊社では補償いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

Danangdeビジネス

アジア・ASEANにおいて特に経済発展が著しいベトナム。
特に中部のダナンは、人口約96万人のベトナム第三の都市とも呼ばれる港湾都市。
首都のハノイと南部のホーチミンから片道1時間強とアクセスが良く、日本の各都市からも直行便が飛んでいます。ダナン市内もコンパクトで、国際空港から中心地まではタクシーで約10分、ビーチまでは約20分の距離。
リゾート地としても知られるダナンは、主要国首脳会議が開かれるほど治安も良く、IT系や工場系を主とする国際的な企業からもビジネスの拠点として選ばれています。

[問い合わせ先]

日本国内
ローカルスタイル株式会社
〒320-0805 栃木県宇都宮市中央本町4番23号
ローカルスタイル株式会社
TEL 028-616-8668
メール

ダナン市
ダナンへ進出する際の会社設立、人材採用コンサルティングは Danang.Style - 自動車レンタル、通訳、現地コーディネートなどもおまかせください -
15th Floor, Vietinbank Building, 36 Tran Quoc Toan Street,
Hai Chau 1 Ward, Hai Chau Dist., Da Nang, Viet Nam
Danang Style Co.,ltd.
TEL +84 (0)236 3550 021
Mail