ベトナム│処方箋なし!薬局で手に入る低用量ピルについて

 

 

シンチャオ!皆さんこんにちは。

 

女性特有の悩みやトラブルの軽減に一役買ってくれる「経口避妊薬(ピル)」。

 

日本では医療機関の受診なしでは手に入れることができないピルは、ベトナムの場合処方箋なしで薬局にて購入することが可能です。

 

本記事では、ベトナムで生活されている方のために、ベトナムで購入できる低用量ピルの種類と価格についてご紹介します。

 

 

 

ベトナムでは薬局で低用量ピルを購入可能


ホルモンの配合量によって、超低用量ピル、低用量ピル、中用量ピル、高用量ピル、アフターピルなど様々な種類がある「ピル」こと「経口避妊薬(Thuốc tránh thai)」。

 

種類によってその用途は様々ですが、中でも避妊の効果および月経痛や月経前症候群(PMS)の改善が見込める「低用量ピルと超低用量ピル」、および性行為後の妊娠率を押さえる避妊薬での「アフターピル」、はベトナムでは処方箋なしで薬局で気軽に購入することが可能です。

 

薬局によって、販売している薬のブランドが異なったり、同じブランドでも輸入先が異なるのか直輸入のものを購入できるなどばらつきがあります。
偽物や使用期限切れなどの恐れもあるため、まずは大手薬局である「Pharmacity」、「MEDICARE」、「FPT Long Châu」で購入するのをおすすめいたします。

 

 

ピルについて


ピルとは、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の二種類のホルモンが含まれた薬です。
中でもホルモンの配合量が少ない、低用量ピルと超低用量ピルは、避妊目的だけではなく月経困難症に効果がある薬としても使用されています。

 

低用量ピル(超低用量ピルを含む)は1960年に開発されてから、ピルの成分の一つである黄体ホルモンの種類が何回か改良されており、それぞれ第一世代~第四世代と区分されています。第一世代はノルエチンドロン(norethindrone)、第2世代はレボノルゲストレル(Levonorgestrel)、第3世代はデソゲストレル(Desogestrel)、第4世代はドロスピレノン(Drospirenone)が配合されています。


更に卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合パターンによって、一相性のピルと三相性のピルという分類もあり、それぞれに特徴があるため自分に合った物を選ぶ必要があります。

 

※ピルは疾患をお持ちの方によっては使用できない場合もあり、使用には少なからずリスクも伴います。服用に至っては日本と同じように医師の診察を受けましょう。

 

 

ベトナムの薬局で購入できる主な低用量ピル・超低用量ピル


ベトナムの薬局で購入できるピルは、以下のようにたくさんの種類があります(一部をご紹介)。
最もベトナムで手に入りやすいものは「ヤーズ」、「ローズピール」、「マーベロン」であり、その中でも日本でも主流なのが「ヤーズ」、「マーベロン」です。

 

 世代原産地成分錠数
ヤーズ:Yaz第四世代

ドイツ

 

Drospirenone 3mg、Ethinylestradiol 0.02mg28
ヤスミン:Yasmin第四世代ドイツDrospirenone 3mg, Ethinylestradiol 0.03mg21
ドロスペリン:Drosperin第四世代ベトナム

①Drospirenone 3mg, Ethynylestradiol 0.02mg

②Drospirenone 3mg, Ethynylestradiol 0.03mg

28
ローズピール:Rosepire第四世代スペインDrospirenone 3mg, Ethinylestradiol 0.02mg28
マーベロン:Marvelon第三世代オランダ
 

①Desogestrel 0.15mg, Ethinylestradiol 0.02mg

②Desogestrel 0.15mg, Ethinylestradiol 0.03mg

21
レギュロン:Regulon第三世代ハンガリーDesogestrel 0.15mg, Ethinylestradiol 0.03mg21
プロアヴァロ:proAvalo第二世代ベトナムLevonorgestrel 0.03mg28
ダイアン35:Diane35未分類ブラジルCyproteron acetate 2mg, Ethinylestradiol 0.035mg21

※同じブランドでも複数の種類があるものは①②と成分の表記をしています。

 

 

価格も安く一箱1000円程度


薬局で気軽に買えると言っても、気になるのはお値段ですよね。

大型の薬局は基本的に統一の値段で販売されており、一ヶ月分の1シートの価格は約20,000VND~200,000VND(約120~1200円)程度です。

 

ベトナム産のプロアヴァロが20,000VND(約120円)、マーベロンは70,000VND(約400円)、ヤスミンとヤーズは200,000VND(約1200円)程度の価格帯で販売されており、海外製品の方が高価。

それでも処方箋なしで1200円で入手できるのは、手が届きやすく継続しやすい価格帯であると言えます。

 

※日本円は1VND=0.0061円で計算しています。

 

 

日本よりも圧倒的に手に入りやすく服用率も高いベトナム



国際連合によるWorld Contraceptive Use 2022の調査によると、日本は最新の2015年時点で0.9%、ベトナムは最新の2020年には16%、2015年時点でも14.2%であると発表されています。

 

このデータから、ベトナムはピルへのアクセスが容易であり、実際に購入している人も日本よりも多いということが分かります。

 

実際、ベトナムでは、薬局で「Thuốc tránh thai(経口避妊薬)」が欲しいと言えばすぐに出してくれるため、日本で第2類医薬品を買うような感覚で本当に気軽に購入することができます。

ただ一方で、ベトナムの地域、職種、家柄にも偏りがあるのか、ピルを実際に飲んでいるという女性に会うのはそう頻繁ではなく、薬を飲むことへの漠然とした不安や、ピルに対して副作用などの抵抗があるという声も多く聞くなど数字からは見えない状況もあると感じます。

 

 

さいごに


ベトナムでは、コミュニティが狭い分情報も手に入りやすいです。

「医者には行ったか」「どこのブランドのものを飲んでいるか」「どこで買っているか」などの情報は、最新情報は在住女子に話を聞くのがおすすめです。

 

本記事が現地情報を知りたいという方に向けて少しでもお役に立てたらうれしいです。

 

 

※市販薬は付随する説明書を読み、自身の健康状態に基づき自己判断と自己責任で使用する薬です。薬には副作用があることなども理解し、特に他の薬を飲んでいる方や症状が重症の場合は自己判断をせずに医療機関を受診してください。
 

 

【関連記事】

ベトナムで買える鎮痛剤:第一三共製薬のロキソニン(JAPROLOX)

ベトナムで購入可能な日系ブランドの目薬!ロート製薬V・ロート

ベトナムで買える痔の薬について

 

 

 

Với các quý khách hàng kinh doanh trong lĩnh vực nhà hàng, cafe, khách sạn, spa, cửa hàng có nhu cầu đăng bài trên site này thì vui lòng liên hệ với chúng tôi qua email danang@caters.co.jp.

※本記事掲載の店舗情報、料金などは取材時点で確認した情報です。各情報は記事掲載後に変更されていることがあります。
なお、本記事に掲載された内容による損害等は、弊社では補償いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

Danangdeビジネス

アジア・ASEANにおいて特に経済発展が著しいベトナム。
特に中部のダナンは、人口約96万人のベトナム第三の都市とも呼ばれる港湾都市。
首都のハノイと南部のホーチミンから片道1時間強とアクセスが良く、日本の各都市からも直行便が飛んでいます。ダナン市内もコンパクトで、国際空港から中心地まではタクシーで約10分、ビーチまでは約20分の距離。
リゾート地としても知られるダナンは、主要国首脳会議が開かれるほど治安も良く、IT系や工場系を主とする国際的な企業からもビジネスの拠点として選ばれています。

[問い合わせ先]

日本国内
ベトナム高度人材採用のご相談は ワークソース株式会社
〒321-0152 栃木県宇都宮市西川田5丁目3番14号 バンカーズビルヂング
ワークソース株式会社
TEL 028-616-8668
メール

ダナン市
ダナンへ進出する際の会社設立、人材採用コンサルティングは Danang.Style - 自動車レンタル、通訳、現地コーディネートなどもおまかせください -
15th Floor, Vietinbank Building, 36 Tran Quoc Toan Street,
Hai Chau 1 Ward, Hai Chau Dist., Da Nang, Viet NamMAP
Danang Style Co.,ltd.
TEL +84 (0)236 3550 021
Mail