ベトナムの国内線航空会社5社まとめ

ベトナムの国内線航空会社5社まとめ



皆さまはベトナム国内移動をする際に、どちらの航空会社を利用されていますか?

多くの方が「ベトナム航空」と「ベトジェットエア」を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。


ただ、その他にもベトナム国内には航空会社がいくつかあります。

最近ではコロナウイルスの影響がありながらも2020年4月に新しい航空会社が新設され話題となりました。

回は現在、ベトナム国内市場で運航している航空会社計6社の簡単な詳細についてまとめました。


写真引用:Holger" class="redactor-linkify-object">https://pixabay.com/ja/users/holgi-5825/?utm_sourc... DetjeによるPixabayからの画像




ベトナム国内の国内ルートのシェアは?


ベトナム国内で多く知られているのが、国営系で知られる「ベトナムエアライン」、そしてLCC大手の「ベトジェット」の2社。

その次にベトナムの不動産デベロッパー大手が運営する「バンブーエアライン」が知名度が高い航空会社です。

これらはデータでも表れており、以下はのグラフからも読み取れます。現在コロナウイルスの影響のためベトナムの旧正月期間の運航状況発表に基づき作成したものですが、割合的には通常期ともあまり変化はないと思われます。

ベトナムの国内線航空会社5社まとめ

参考:ベトナム航空局「Tập trung khai thác các đường bay nội địa trong giai đoạn Tết Nguyên Đán và mùa Lễ hội xuân Tân Sửu năm 2021」2021年1月19日発表記事を元に作成(2021年2月5日参照)

注意:現在「ジェットスターパシフィック」ではなく「パシフィック航空」が正式名称ですが参考記事通りに記載しています。


特に「ベトナムエアライン」、「ベトジェット」「バンブーエアライン」の3社はベトナム国内の移動はもちろん日本との直行便も飛んでいるため、コロナウイルスにより運行が停止する前は日本人の旅行者の方にもなじみ深い航空会社でもあります。





ベトナムにある主な航空会社の概要


現在ベトナムの運航している航空会社は6社となっています(2021年2月5日現在情報)。

以下では各社の特徴をご紹介していきます。

※国防省傘下vietstarについては除外して記載しています。



・ベトナム航空(Vietnam Airlines)

1956年に設立、運航開始しており、2016年にはスカイトラックス社より、4スターエアライン認定を受けています。

国内22の目的地と29と、ラオス、カンボジア、ミャンマーをはじめとする国際目的地への94のルートを運営しているベトナム最王手の航空会社として知られています。

また、ベトナム航空はANAと資本提携を結んでおり、日本とベトナムを結ぶ直行便もコロナウイルス発生前は毎日運航していました。


水色と白色の機体が目印のベトナムエアライン。機体の頭からお尻まで落ち着いた水色が施されており、垂直尾翼にははベトナム国花である蓮の花のデザインが描かれています。

制服はベトナム伝統衣装であるアオザイを着用しており、全体的に落ち着きながらも爽やかな印象を受ける国営系大手航空会社です。

参考:ベトナム航空公式HP「About us」




・ベトジェットエア(Vietjet Air)

2007年に設立され、ベトナムでは最初の民間航空会社として知られており、2011年から客運航をはじめ、2019年5月の時点で国内国外合計113のルートを持っています。

ベトナムと日本を直接つなぐ航空会社の中では一番価格も安く、主に関空と成田発からベトナム各都市までをつなぐ便をコロナウイルス発生前は毎日運航していました。

ただ、不名誉なことに「遅延しないことがない」と言われるほど、遅延が多い航空会社です。


赤と茶色のチェック柄のかっこいい×かわいらしい制服が印象的な赤と黄色がテーマ色のベトナム最大手の格安航空会社(LCC)。

機体は後方部分の3分の2は赤く塗られており、アクセントで黄色が入った、ベトナムの国旗のカラーをテーマにした目に付きやすいデザインです。


参考:ベトジェット公式HP「VietJetAir cất cánh」「Đội bay sinh động nhất thế giới」




・バンブーエアライン(Bamboo Airways)

Bamboo Airwaysはベトナムで有名な不動産デベロッパー大手FLCグループ傘下の航空会社で、2018年7月に正式に設立されたエアラインです。

2020年2月の時点で国内国際目的地へ約42ルートを運航しています。運航時間の正確さにもベトナム航空同様に定評があります。


制服は社名と同じように”竹”をイメージしたというクリーム色、淡い緑がベースになったスーツの制服を着用しており、平べったい円柱型の帽子をかぶっている制服が特徴。

機体は白がベースで翼部分は緑や青色で装飾されているのが特徴的です。


参考:Banboo Airways公式HP「About Bamboo Airways」/Dan Tri ElectronicNewspaperBamboo Airways bay đúng giờ nhất toàn ngành hàng không Việt Nam 10 tháng đầu năm」




・パシフィック航空(Pacific Airlines)

Pacific Airlinesは1991年に設立され、ベトナムでは初めての航空株式会社として誕生しました。

2007年にはJetstar Airwaysのメンバーになったため、ジェットスター・パシフィックとして運営していましたが、2020年6月にベトナム航空との協力の下、名前をパシフィック航空(Pacific Airlines)変更しました。現在、ベトナム航空は98%株を持っており、予約システムはベトナム航空と同期されています。

パシフィック航空はコロナになる以前日本とベトナム間をつなぐ便も就航していました。


女性男性共に深い紺色のスーツにスカーフとネクタイが橙色でアクセントになっている制服を着用。

機体の色も白地に制服と同じく紺色と橙色のマークが描かれているスタイリッシュなイメージの航空会社。名前が度々株式の関係で変更になってきましたが2021年2月現在はベトナム航空傘下の格安航空会社(LCC)として運営しています。


参考:TuoiTre Online「Xóa sổ thương hiệu Jetstar Pacific, chuyển sang tên Pacific Airlines」「Từ ngày 29-7, mua vé Pacific Airlines sẽ dẫn về website của Vietnam Airlines




・ベトトラベル・エアラインズ(Vietravel Airlines)

1995年に設立された国内トップブランドの旅行会社であるベトトラベルが運営する航空会社です。

ベトナムでは初の旅行会社が運営する航空会社で、すでに国内線と国際線の両方の運航が承認されてます。


ベトナム中部のフーバイ国際空港を拠点とし、フーコック、ホーチミン、ニャチャン、フエ、ハノイなどを結ぶ旅客機の販売がされている模様です。

新型コロナウイルス感染拡大中の時期の2020年4月に設立され、2021年1月19日からチケット販売が始まり、2月25日に運航する予定となっています。


女性は明るい黄色のワンピースに濃紺のブレザー、男性は女性のブレザーと同じ濃紺色のスーツが制服です。

機体は白がベースで、翼部分に青と黄色のマークが入っています。制服や機体共にシンプルなデザインとなっています。


参考:Vietravel Airlines公式HP「Vietravel Airlines ‐ Open Your World」 / Tuoi tre Online「Rạng sáng mai 19-1, Vietravel Airlines mở bán vé thương mại」/Vnexpress International「Vietravel Airlines cleared to take off in December」




Vietnam Air Services Company(VASCO)

VASCO AIRLINES(バスコ エアライン)は、知名度は低いですが、ベトナム航空の傘下の民間の航空会社です。

ホーチミン市のタンビンに本社を置くベトナム航空でベトナム航空とのコードシェア便で2020年時点でベトナム国内の10の目的地に就航しています。


バスコはVietnam Air Services Companyの略で、1987年に政府によって設立され、設立当初はベトナム航空の一部で、地理院地図撮影・地質調査を行っていました。

2004年に民間の格安航空会社として独立したのちは、ホーチミン、コンダオ、ハノイ、ビンなどへ行くコードシェア便で乗客を輸送しています。


参考:VASCO公式HP 「DOANH NGHIEP」








さいごに


回は現在ベトナム国内市場で運航している航空会社6社の概要についてご紹介いたしました。


近年ベトナムの航空会社事情は、ニュースを見るだけでも活発に動いていることが分かります。

2019年にはベトナムのVinグループが運航する航空会社が設立されるも2020年の1月に運航開始前に撤退。

2020年には認可待ちだったカイトエア(Kite Air)は要件を満たしていないと設立が見送られるなど、近年新規の航空会社のニュースが後を絶たず、コロナの影響も挟みながらもここ数年ベトナムの航空会社は競争は激化の一途をたどっていると言えるのではないでしょうか。


2020年4月に新設したベトラベルエアラインは「1年目は3機の運航を考えている」と自社の旅行会社からの流動を考えた比較的小規模での運航を計画しており、コロナによる影響も受けながら今後どのようにベトナム国内の航空会社事情が変化していくのか、今後の動向も気になります。




Với các quý khách hàng kinh doanh trong lĩnh vực nhà hàng, cafe, khách sạn, spa, cửa hàng có nhu cầu đăng bài trên site này thì vui lòng liên hệ với chúng tôi qua email danang@caters.co.jp.

※本記事掲載の店舗情報、料金などは取材時点で確認した情報です。各情報は記事掲載後に変更されていることがあります。
なお、本記事に掲載された内容による損害等は、弊社では補償いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

Danangdeビジネス

アジア・ASEANにおいて特に経済発展が著しいベトナムでも注目の都市ダナン。ホーチミンから飛行機で約1時間15分、ハノイからは約1時間20分とアクセスが良く、ダナン空港からダナン市の中心地までは約3kmとタクシーなら10分、ビーチまで20分とコンパクトでありながら、サミットも開催された国際都市。ベトナム中部人材の人柄と、ビーチリゾートとしても有名な環境の良さはビジネス拠点としても大躍進中です。

[問い合わせ先]

(日本国内)
〒320-0805 栃木県宇都宮市中央本町4-23
カテル有限会社
TEL 028-666-6666
メール

(ダナン市)
Floor 9, Seabank building, 373 Nguyen Van Linh street, Da Nang
Caters de Vietnam Co.,ltd.
TEL 0236 3550 021
Mail