初めてのベトナム・ダナン観光を楽しみたい!基本的な16の質問にお答えします

初めてのベトナム・ダナン観光を楽しみたい!基本的な16の質問にお答えします



初めてご旅行される方、初めて東南アジアに来られる方、初めてダナンという地名を知った方

実際来るとなると心配なこともいくつかあると思います。



ダナンスタイルでは、現地に住んでいる日本人の女子とベトナム人の女子が書いており、

慣れすぎてしまってご旅行者の方目線や新鮮味が抜けてしまっているかもしれません。



今回は、今までお問い合わせいただいた内容

基本情報、基本構えについてお答えしていきたいと思います。

(お問い合わせいただきました内容は随時必要なものは追加していきます。)




それでは以下の16の質問やつぶやきに答えていきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


1.ダナンって何ができるの?


2.ビザは必要ないよね?


3.ダナンの気候は?


4.ベトナムといえばバイクだけど、危なくない?


5.市内の移動はタクシー以外にもある?


6.お金の桁が大きすぎるよ!


7.とにかく、ぼったくられるか心配!


8.チップはあるの?


9.どこで両替するのが一番いいの?


10.いくら換金すればいいの?


11.VNDが余ったらどうするのがいい?


12.SIMカードは購入すべき?WiFiはどんな感じ?


13.日本の電化製品はそのまま使用できる?


14.ベトナム語や英語もできない!日本語しか話せないから心配!


15.お店やスパの予約方法が分からない!


16.ダナンのコスメ情報が知りたい!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~









1.ダナンって何ができるの?



海がある!山がある!町が小さくてアクセスしやすい!世界遺産の入口である!リゾートホテルにも比較的安く泊まれる!

というのがざっくりなダナンの特徴です。

海ではマリンスポーツができ、山からは広大な海と自然を見ることができます。

リゾートホテルも時期によっては一泊1万も行かずに泊まれるところもあり、更に見どころも多くあるコンパクトシティであることが魅力です。



主な市内の観光名所は以下の9つです。


・ダナン大聖堂

・ハン市場

・ハン川にかかる4つの橋

・ミーケビーチ

・リンウン寺

・ソンチャ半島

・五行山

・サンワールドダナンワンダーズ

・各博物館(ダナン博物館、ダナン・チャム彫刻博物館、ダナン市美術館、ホーチミン博物館)



ダナン市内からも近い観光名所は以下の7つです。


・バナヒルズ

・ランコービーチ

・ホイアンのアンバンビーチ

・ヴィンパール・ランド・ナム・ホイアン

・ホイアン旧市街(世界遺産)

・木彫りの村キムボン村

・陶磁器の村タンハー村

・ミーソン遺跡(世界遺産)

・古都フエ(世界遺産)

・フォンニャ=ケバン国立公園(世界遺産)



詳しくはこちらから

>>>人気のアジアの観光地・ダナンを満喫!ダナンを楽しむためにしたい12のこと

>>>注目の町ダナンとダナンからいける定番観光スポット16選






2.ダナンの気候は?



赤道に日本より遥かに近いベトナムですが、ベトナムは日本のように縦長ですのでそれぞれ場所によって気候が違います。

北部のハノイは四季があり亜熱帯気候ダナンとホーチミンは乾季と雨季があるどちらかというと熱帯モンスーン気候と呼ばれています。


ダナンは雨季(9月~2月)と乾季(3月~8月)に分かれており、雨季には晴れの日はあまりなく雨が降りどんよりした日が続き、乾季にはほとんど雨が降らずからっと晴れた日が続きます。

とはいえダナンを乾季と雨季の2つの時期にバッサリ分けられるというわけではなく月によって微妙に天気の変化があるので、台風の時期(大体10月か11月の中の1、2週間)を除き、どの季節に来てもお楽しみいただけると思います。


詳しくはこちらから

>>>【ベトナム・ダナンの天気と服装】雨季・乾季の服装はこれを持ってって!





3.ビザは必要ありませんよね?




条件を満たしていればビザなしで15日以内の滞在が可能です。


在ベトナム日本国大使館によると以下の条件が記されています。

1. ベトナム滞在期間が15日以内であること

2. ベトナム入国の時点で旅券の有効期間が6か月以上あり、かつ、前回のベトナム出国時から30日以上経過していること

3. 往復又は第三国へ出国するための交通手段の切符を所持していること

4. ベトナム法令の規定により入国禁止措置の対象となっていないこと


※上記は2022年12月31日までの免除措置になり、その後なは内容に変更などがある可能性があります。

※もし15日以上の滞在をしたい場合はベトナム大使館にて数1000円の手数料を支払い観光ビザの発給が必要になります。







4.ベトナムといえばバイクだけど、危なくない?横断歩道がなくてびっくりした!



これは本当に良く旅行者の方が思われるベトナム、ダナンの印象ですね。

正確にお答えしますと、ダナンに横断歩道は市内のほとんどの場所にあります。

出来たのはここ数年の話ですが、ここ数年でさらに整備も進んでおり、街のほとんどの道がコンクリートで舗装され信号、横断歩道の整備も進んでいます。


一つ言えるのは横断歩道以外でも渡ることが多く、また交通ルールが若干日本と異なります

覚えておくといいのが、ベトナムの道路は、バイク、車限らず、右折、左折が可能なことが多くあること!です。

その為場所によっては信号が青でも、右からも左からも斜め前からもバイクが来てしまいます。

右折、左折が大丈夫となっていないところでも、無視して右折左折してくる場合もありますので、

信号が青でもバイクは来る!ということを覚えておくだけでも、歩きやすいと思います。


また歩行者用の信号機は用意されていないところもありますので

ちょっと不便ではありますが、車道用の信号機を見て渡るのもよいでしょう。

車道用の信号機には赤か青か、また後何秒で青に変わるかのカウントダウン数字が表示されているので、渡るときの目安にしてみて下さいね。





5.市内の移動はタクシー以外にもある?



タクシー以外にも移動手段はいくつかあります。

タクシーとほとんど同じなのが、配車アプリGrabの車かバイク。

その他に路線バス、観光バス、ホテルから出ている路線バス、電動自動車、シクロ、レンタルサイクル、などがダナン市内の移動で利用することができます。



詳しくはこちらから

>>>【ベトナム観光】最新のダナン市内の9つの移動手段と交通事情






6.お金の桁が大きすぎるよ!



ベトナムの現在一番流通している小さいお金は200VND(約1円)で、一番大きなお金で500.000VND(約2500円)、合計11種類の紙幣が現在のベトナムの紙幣になります。

すべてのVNDが紙幣であることも特徴です。(昔は硬化もありましたがもう流通はしていません)

はい、ベトナムのお金は本当に桁が多いです。


11種類のベトナム紙幣は以下のようになっています。

200・500・1.000・2.000・5.000・10.000・20.000・50.000・100.000・200.000・500.000


計算方法は

・ゼロを2つ取って2で割る。(全てのお金に対応できる、一番楽な方法)

もしくは

・0を3つ取って5を掛ける。(この方法では小さいお金は計算できません)

もしくは

・オフラインでも使用できる通貨計算ソフトアプリを携帯に入れるのもおすすめです。



どんなに面倒でも必ず、日本円で計算して、金額を理解して支払いすることが大切です。







7.とにかく、ぼったくられるか心配!



まずは、上記で上げたベトナムドンを大体の日本円で計算できるようにすることをおすすめいたします。


実際タクシーなどの交通機関での悪質なぼったくりが横行しており、

空港から海沿いのホテルまで場所によりますが120.000VND(約600円)+チップで合計130.000VND(約650円)ぐらいしかしないはずが、1.000.000VND(約5,000円)とられた!600.000VND(約3000円)取られた!なんて話も耳にします。

ホテルにまず向かうという方は、ホテル送迎をオプションで付けるのが一番良いでしょう。


これには在住者も頭を悩ませているのが現状で、以下に6つの注意点を記載しましたので、参考にしぼったくりから身を守りましょう。

タクシー以外でのぼったくり被害はほとんどありませんので、今回はタクシーをメインに記載していきます。



「タクシー」「Grab」と言ってくる人、スマホ画面見せてくる人には付いて行かない。


自分でgrabを呼ぶのもいい方法。現金支払いで行いましょう!

予約ができた際に携帯で値段が記載されている画面をスクショし、保存しておくこと。最後にタクシーの運転手が勝手に金額をプラスすることができるので、カード登録をしておくと勝手に高額になるケースもあるので注意が必要。ここでは払いはカード登録をしておくとカードから勝手に引き落とされるのがGrab の良いところではあるが、特に空港からは現金支払いの方が安心できる)


③空港から乗る場合は「チップ」の値段も想定しておこう。

市内でタクシーやGrabにのる際など通常はチップはいらないが、スーツケースを乗せてもらった場合や空港からだと1人50円~100円程度(10.000VND~20.000VND)の心付けを渡すのがベター。4人、5人で50.000VND(約250円)ぐらいが現地のチップの適正な価格。


④タクシーは(白地に緑の線が入った)ビナサンタクシーが比較的安心。

正直空港に停まっているいるタクシーでもぼったくり被害を聞くので、ホテルで空港送り迎えを予約しておくのが一番安心。

どうしても乗る場合はビナサンタクシーで、あらかじめホテルまでのタクシー料金もグラブで調べておき、目安にして支払うといい。

あまりにも法外な高額金額を支払えと言って来たら、ホテルの人に助けを求めるのもあり。


⑤タクシーに乗る際は必ずメーターを確認。メーター10K~20K(=10.000VND~20.000VND:約50円~100円が通常)になってますか?

そうでない場合はメーターを指して、おかしいというか、その場で降りるのがベスト。

タクシーは下3桁のゼロが表示されていないため、支払う際は自分でゼロを3つ付けます

ちなみにベトナムのタクシーは停まっている時はメーターが上がらないような仕組みになっています。


⑥タクシーでもお店でも、持ち金全部見せてはだめです!

ベトナムドンは桁が大きいので、慣れないとうまく計算できないかもしれませんが、一番大きな500.000VNDで約2500円、2番目に大きなお金で200.000VND、約1000円です。

まずホイアンの方のリゾートホテルでなければ、チップ込みで200.000VND一枚あれば足りるはずです。

財布の中身をすべて見せるような行為は、やめましょう。



※上記の項目を守ったからと言って、ぼったくり被害から必ずしも身を守れるものではありません。そういうことをして儲けようとしている人はベトナム人から見ても”まともな人”ではありません。おかしな人に当たってしまった場合、悔しい気持ちはありますが、どうか必要以上に気を落とさないで下さい。


※また、ぼったくられてもいい!そんな数千円ぐらいいいよ!と思っている方もいらっしゃると思います。しかしこの考え方は他の旅行者の方にも迷惑が掛かる行為だとは考えられないでしょうか?正規の値段の10倍の値段を払ってくれる日本人旅行者がいたら、旅行者はお金を持っているからいくらでも取っていいんだと考えられてしまいます。とはいえダナンは観光業で成り立っているようなものなので、お金を落としてもらえることは都市のうるおいにも繋がるのも事実です。

ベトナムの月の平均給料は約5万円。8万~10万円ももらっていれば、結構もらってるんだねというような感覚になります。

ベトナムの値段の価値観と対価に対する適正な金額を支払うことが大切だと私は思います。





8.チップはあるの?



基本的にダナンではチップの習慣はありませんが、レストラン、マッサージ店、ホテルで必要なケースがあります。


レストランではサービス料という形で10%~20%ほど付加される場合がありますが、その際はメニューの下に必ず記載されており、お会計をする際にはサービス料が含まれているため、プラスで支払う必要はありません。


旅行者の方で一番チップ関係でよく耳にするのは、マッサージのチップについてです。

マッサージ店によってチップが含まれていたり、含まれていなかったりとまちまちのため、事前にインターネットで行くスパのチップに関して調べておいたり、施術を受ける前にチップが含まれているのか聞くのをおすすめします。

レストランと同じようにチップは金額の10%か高くても100.000VND(約500円)程度と考えておくと良いでしょう。

最近ではチップのもめごとが多いためか、日本語で「当店はチップ込みです」と書かれたお店もあります。


最後にホテルですが、これにはきちんとした決まりはなく、渡さなくていい、渡した方がいいなどと声が分かれます。

私の場合4つ星ホテルや5つ星ホテルで、広めのお部屋に数泊停まった際や、特別部屋になにかアレンジしてもらったりした際はチップを置くようにしています。

ホテルのランクに関わらず重い荷物をエレベーターがなく階段で運んでくれた際などは渡したくなりますよね。

チップの相場ですが20.000VND(100円)、高くても50.000VND(250円)ぐらいがいいと思います。

チップはほんの少しの感謝の気持ちを伝えるものですし、もともとチップの習慣はありませんのでその時の状況によって判断するもので良いのではないでしょうか。





9.どこで両替するのが一番いいの?



ダナンで主に両替できる場所は

空港・ホテル・ATM・銀行・町のゴールドショップの5つになります。

この中でも一番レートが良いとされているのは町のゴールドショップです。

今回は旅行者の方も良く利用される①空港・②ホテル・③ATM・④町のゴールドショップを簡単にご紹介します。


①空港

さて日本からベトナムに到着して一番初めに換金ができる空港のレートについてご紹介します。

空港はレートが悪いとされていますが、実際はレートが悪いところもあれば、良いところもあるというのが現状です。


空港に限らす両替する金額(日本円等)によってレートが変化するところ、とそうでない両替所があります。

空港の場合、どの金額でも同じレートで提供してくれるのがAGRI、BIDV、EXIMBANKでした。


2020年2月12日のレートが外国為替市場1円=211.84561VNDの日にダナン国際空港のすべての換金所でレートを聞いてきました。

5千円の場合1円=195VND~209VND

1万円の場合は1円=200VND~209VND 

とふり幅は広いものの1円=209VNDで取引できるところもあり、レートは悪いわけではないことが分かります。

国内線、国際線空港では外国為替で出ている金額からマイナス5VNDぐらいのレートで換金でできるといいと考えるのがよさそうです。

レートだけ聞くことも全く問題ない行為ですので、2軒はみてレートが良い方で交換するのがおすすめです。



②ホテル

基本的に両替が認められているホテルは少ないので、できない場合もありますが、大きなホテルであればフロントで交換してくれる場合があります。

また、日本円からの両替は不可能でも、5.000.000VNDを細かくすることなどはどこのホテルも協力的にしてくれます。

両替ができるかどうかは事前に各ホテルに確認しておくのも良さそうです。

換算レートに関してはそこまで良いレートは期待しない方がいいでしょう。



③ATM

日本の普通預金(Saving)からキャッシュカードを使いお金を引き出す方法、クレジット(Credit)からクレジットカードを使いお金を引き出す方法、の2つがメインになります。

日本から多額の現金を換金して持って行くのは少し不安もあると思いますので、ATMを利用するのは比較的便利な方法です。

ベトナムのそれそれの銀行ATMによっても違いますが、大体一度に1万円以上は引き出すことができないのが特徴で、手数料がかかる場合もありますので注意が必要です。


ATMでのキャッシングでの換算レートに関しては、決済センターにご利用データが到着した時点でのレートになります。

VISAであればVisaインターナショナルが指定するレート、MastercardやJCBも同様になります。

(カードのご利用日ではありませんので、ご注意ください)



④町のゴールドショップ

最もレートが良いとされる換金方法で、ポピュラーな方法の一つ。

しかし、実際はほとんどのゴールドショップでの外貨のやり取りはベトナムの法律で禁止されています。


一部、銀行から正式に委託されているお店もあるのですが、ほとんどが認められていないままに外貨のやり取りをしているケースが多いです。

これは通貨および銀行の分野における行政違反の制裁に関する規定の第二章7セクションに準ずるもので、一回目は警告、3回目以降は法律違反となるとされています。

しかし前述したとおりこの換金方法はベトナム人にとっても旅行者にとっても非常にポピュラーです。

その為換金する際も皆さん堂々としていますし、(なんのための法律なんだろうという疑問は置いといて)国も認知のことだと思います、それでも摘発されたりは一切していません。

とはいえ、”一応ベトナムの法律では警告や懲罰の対象”のため旅行会社さんのツアーなどではゴールドショップでの換金方法はおすすめされていないことがほとんどのようです。


換金方法は簡単で、ゴールドショップの店員さんに換金したいお金を見せると、その日の日本円レートを見せてくれますので、そのレートでの換金で良ければ日本円を渡し、ベトナムドンを受け取ります。

この際手数料などはないので大丈夫です。

また換金の際は、もらったベトナムドンを数え、計算しましょう。

故意でなくても間違えてしまっている場合があるので、確認を怠らないようにしましょう。


参考:https://luatvietnam.vn/tai-chinh/nghi-dinh-88-2019-nd-cp-xu-phat-vi-pham-hanh-chinh-trong-linh-vuc-tien-te-va-ngan-hang-178344-d1.html(2020/02/20)







10.いくら換金すればいいの?



これはダナンでどのようなプランを考えているか、クレジットカードを利用するのか、にもよるので難しい質問です。^^:

ですが観光者の方がいかれるお店ではほとんどのお店でクレジットカードを使用することができるので、観光日数×5000円、多くても1万円程度両替がおすすめです。

※たまにクレジットカードを読み込む機械の調子が悪いなどで、読み取れないこともあるのでクレジットカードは数枚持っていると良いでしょう。



ダナン旅行で現金が必要な場面は

食事代、マッサージ、観光スポット、お土産、交通費(タクシー・バイク等)があげられます。


クレジットカードが利用できるお店は

ローカル以外レストランカフェ・観光客向けのマッサージ店・市場を除くお土産屋さん・スーパー・コンビニです。


ということでローカル店でない限りほとんどのお店でクレジットを利用することができます。

個人的にはタクシー、食事代、金額が低いお土産代、観光スポット代分の現金があると安心だと思います。

以下に簡単に値段の相場を記載しましたのでご参考下さい。



<タクシー目安の料金>

・ホイアン美術館(ホイアン旧市街のほぼ入口)からダナン大聖堂約250.000VND~400.000VND(約1200円~約2000円)

・ホイアン美術館(ホイアン旧市街のほぼ入口)からマーブルマウンテン約200.000VND~250.000VND(約1000円~約1250円)

・マーブルマウンテンからダナン大聖堂まで約150.000VND(約750円)

・ミーケビーチ中腹からダナン大聖堂まで約44.000VND(約220円)

・ダナンチャム博物館からリンウン寺まで約170.000VND(約850円)

※grabタクシーの値段を元に記載しています。値段が時間帯などにより変動しますので、記載した料金より高い場合もあります。


<食べ物の値段(一人当たり)>

・ローカルカフェ:一杯90円~250円程度

・ちょっといいところのカフェ:一杯450円程度

・ローカルなご飯屋さん:150円程度

・カジュアルな平均的なレストラン:1500円程度

・少し高いレストラン:3000円程度

・高級レストラン:5000円~キリがありませんが

・カクテルを出してるバー:カクテル一杯600円~


<お土産代>

・インスタントコーヒー:300円~500円程度

・フルーツティーや蓮茶等:300円~500円程度

・はちみつ:500円前後

・高級チョコレート:250円~500円程度

・インスタント麺:50円~

・バッグ:1000円~5000円程度

・アオザイ:2000円~3000円程度

・バッチャン焼きのコップ:1500円程度~


<観光スポット代>

・ダナン市内の各博物館:大人60.000VND(約300円)

・バナヒルズ:大人700,000VND(約3500円)、子供550,000VND(約2750円)

・サンワールドダナン:入場料300,000VND

・マリンスポーツ:大人約3000円~5000円程度

・ホイアンのボート:1人当たり~100.000VND(約500円)※何人で乗るかにもより、要交渉

・ホイアン灯篭流し:一つ50円程度






11.VNDが余ったらどうするのがいい?



ベトナムの空港で使い切るか、日本の空港で、海外旅行で余った外貨を電子マネーやポイントに交換してくれるpocket-change(ポケットチェンジ)を使用するのをおすすめします。

ベトナムドンはベトナムでしか使用できない点からすぐに来る予定がなければ使い切った方が得策です。

日本円への両替はレートが悪いため、5000円以上余っていない限り両替は考えた方がよさそうです。




12.SIMカードは購入すべき?WiFiはどんな感じ?


ベトナム、ダナンのカフェやレストランにはWiFiが必ずありますが、4日以上旅行する場合やストレスなく自由にスマートフォンを使用したい場合はSIMカードの使用が便利です。

ベトナムのSIMカードは激安なので、Wi-Fiに頼るよりも、ストレスフリーでとてもおすすめです。

カフェやレストランのWiFiはほとんどが鍵付きで、例えば町歩きをして疲れたからGrabを呼びたい、道が分からなくなってしまった、というときに道端でスマホを繋げることが困難です。


SIMカードはベトナムの通信会社が提供しており、空港や市内の携帯ショップで購入することができます。

空港で購入する場合は1ヶ月有効のSIMカードで1000円が相場です。

市内の携帯ショップで購入する場合は1ヶ月~550円が相場になります。

市内の携帯ショップで購入した方が値段は安いですが、旅行プランによってはタクシー代と労力の無駄にもなりかねないので、ローカルの相場よりは高いですが200.000VND(約1000円)出して購入するのもおすすめです。


SIMカードを使用するには日本でSIMロック解除を行わなければなりませんが、電話一本でSIMロック解除できる場合が多いので、携帯会社に確認し、SIMロック解除を行ってください。

注意しなければならない点は、日本に帰る前か後にSIMカードの入れ替えを行い日本に帰ってからも使えるようにしなければならない点です。





13.日本の電化製品はそのまま使用できる?



プラグの形は日本と同じなので、iPhoneなどの充電器はそのまま挿して使用することできます。


気を付けたいのが電圧です。

ベトナムの電圧は220V~240Vで、ほとんどは220Vです。

日本は100Vですが、100V~240Vと記載されている海外対応タイプも最近は多く普及しています。

そのため最近では、デジタルカメラや携帯電話等、海外の電圧に対応できる充電器が多くあります。

もし100V~240Vと記載されておらず、使用したい電化製品がある場合は変圧器を購入し使用しましょう。


電圧の対応していない電化製品をそのまま差し込むと、故障や火事などの元になりますので、まずはお手持ちの充電器などがどの範囲の電圧まで対応しているか確認をお願いいたします。





14.ベトナム語や英語もできない!日本語しか話せないから心配!



心配は無用です!

ベトナム人も英語話者は少ないですし、ましてや日本語を話せる人もそう多くはありません。

言葉が大事ではありません、伝えたい気持ちと、ジェスチャーと、笑顔と、Google翻訳があればこの時代、普通の観光であれば大抵のことがどうにかなると思います。


行きたい場所を伝えるときはGoogleマップで住所を見せる。

食べたいものがあれば、指差しと笑顔と、無言だと失礼なので日本語でいいので「これください!」。

値段が知りたい場合は、指差しと笑顔と、無言だと失礼なので日本語でいいので「これはいくらですか?」とスマホの電卓!

困ったことがあればすぐにホテルのスタッフに表情とGoogle翻訳をで助けを求める!



ちなみに日本語⇔ベトナム語のGoogle翻訳は発達しておらず変な単語、変な文章になることがあり伝わらないことも多々あります。

日本語の文章を多言語に翻訳してくれる「VoiceTra」や単語であれば「Mazii」のアプリをダウンロードしておくのがおすすめです。

パスポートをなくした場合などはまずホテル、そしてダナンにある日本領事事務所(2F Tsubaki, GRANDVRIO City, 01-03 Dong Da Str, Hai Chau Dist., Da Nang)へ行きましょう。

他に日本人に相談したいことがあれば、日本人が営むレストランやバーに行くのもいいかもしれません。







15.お店やスパの予約方法が分からない!


お店の予約をしたいけれど方法が分からないという方は、ホテルのフロントの方に相談しましょう。

基本的にどのホテルのレベルでも、たとえホステルであっても親切に対応して下さることが多いです。


もし日本にいるときに予約しておきたい場合は公式ホームページや、公式のFacebookから英語でメールを送ると返信が来るでしょう。

Facebook社会であるベトナム。困ったらFacebookでメッセージを送ってみて下さいね。






16.ダナンのコスメ情報が知りたい!


ベトナム人の多くは日常でほとんど化粧も香水も付けません。

特別な時のみメイクをし、するときにはかなりがっつりなメイクを行います。

使用するものは韓国製品のコスメが人気で、基礎化粧品は日本製が圧倒的シェアを集めています。

輸入のためベトナムで販売されているコスメや基礎化粧品は高価です。

また韓国製品などは偽物も横行しているので町で見ても安易に購入しないことをおすすめいたします。


デパコスについてですが小規模ながらダナン国際空港内にはロッテ免税店がありますので、そちらでディオール、ランコム、資生堂、ジバンシー、イブサンローラン、ロレアルパリ、SK-Ⅱ、クリニーク、ロクシタン、等のコスメはご購入頂けます。


また、VVモール(VV Mall)というのが、市内から少し離れますが海沿いに建設されています。
まだオープンしていないのですが、ショップリストは以下の通りです。(オープン予定も未定です)
DIOR、HERMES、 LANCOME、COACH、SWAROVSKI、MICHAEL KORS、LOTTE DUTY FREE、TOM FORD、GUCCI、STARBUCKS、ARMANI EXCHANGE、MCM、NIKE、CALVIN KLEIN TOMMY HILFIGER、ECCO、MINIGOOD、CHARMES、JESS、LUG.VN.


スーパーでは1000円程度の香水、100円のシートマスク、オーガニックの制汗剤、などを購入することができます。

薬局で意外とおすすめなのが、ラポッシュポゼの日焼け止めや化粧水で、日本よりの少々お安く手に入れることができます。


ダナンでは現地の素材を使用してつくったオーガニックコスメが旅行者の方に人気で、おすすめです。
Tran>>>https://danang.style/tourism/61
Arya Tara>>>https://danang.style/tourism/126





最後に



今回は、今までお問い合わせいただいた、16の質問やつぶやきについてご紹介しました。


他にもこんなことが気になる!ということがあれば是非お気軽にご連絡下さい。


ダナンはかなり穏やかで治安も良いところですが、お金や貴重品などには気を配り楽しい時間をお過ごしいただければと思います。


ダナン市内の詳しいカフェやお店の情報はホーム画面からご覧いただけますので、ご旅行中、ご旅行前にはそちらも確認してみて下さいね。


皆様のダナン滞在が楽しい時間となりますことを応援しております。





Với các quý khách hàng kinh doanh trong lĩnh vực nhà hàng, cafe, khách sạn, spa, cửa hàng có nhu cầu đăng bài trên site này thì vui lòng liên hệ với chúng tôi qua email danang@caters.co.jp.

※本記事掲載の店舗情報、料金などは取材時点で確認した情報です。各情報は記事掲載後に変更されていることがあります。
なお、本記事に掲載された内容による損害等は、弊社では補償いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

Danangdeビジネス

アジア・ASEANの中でも特に景気発展が著しいベトナムでも注目の都市ダナン。ホーチミンからは約1時間15分、ハノイからは約1時間20分、ダナン空港からダナン市の中心地までは約3kmとタクシーなら10分、ビーチまで20分とコンパクトでありながら、サミットも開催された国際都市。ベトナム中部人材の人柄と、ビーチリゾート地としても有名な環境の良さはビジネスでも大躍進中です。

[問い合わせ先]

(日本国内)
〒320-0805 栃木県宇都宮市中央本町4-23
カテル有限会社
TEL 028-666-6666
メール

(ダナン市)
Floor 9, Seabank building, 373 Nguyen Van Linh street, Da Nang
Caters de Vietnam Co.,ltd.
TEL 0236 3550 021
Mail