【ダナンで働く日本人④】建築事務所「祥設計」の青野さんにお話を聞いてきました。



Xin chào!ベトナムから皆さんこんにちは


「ダナンで働く日本人」はベトナム・ダナンにいる日本人の方に、インタビューをさせて頂きダナンで働く方の実態を掘り下げることを目的とした企画です。


第4回目となる今回は祥設計一級建築事務所で専務取締役を務める、青野 茂和(せいの しげかず)さんにお話しをお伺いしました。





祥設計について教えてください




祥設計一級建築事務所は、建築設備の設計と監理を行っている日本に本社を置く株式会社です。

富山に拠点を置き、東京、ベトナム、カンボジアなど複数の場所に拠点があります。


「建物の設計」には“意匠設計”、“構造設計”、“設備設計”の3つが必要になるのですが、弊社はその中の「設備設計」を専門にしています。

この「設備設計」は外側からは見えにくい、水回りや空調系の“機械設計”と電気や配線系の“電気設計”のインフラを設計する仕事で、日本の法律に準じながら室内の快適化や安全のために設計します。


弊社ではこのような水・空気・電気の設備設計全般を専門行っており、現在日本の学校などの公的な施設の改修や新設の際の仕事をメインに請け負っています。




青野さんの経歴と簡単な自己紹介をお願いします


環境に興味を持ったことをきっかけに、建築学科へ進み大学院を卒業しました。

卒業後は某有名建築事務所に就職、その後病院で設備管理業務を数年経験し、現在「祥設計一級建築事務所」の専務取締役をしています。


主な資格は建築設備士、一級建築士、設備設計一級建築士を取得しています。

現在は祥設計の日本とベトナム、カンボジアを総括的にまとめており、また富山県立大学で非常勤講師としても勤務しています。




ベトナムの会社はどのような役割を担っているのでしょうか?


海外では、日本の仕事の簡単な設計図を作る仕事がメインです。

ベトナムダナンは現在10名の建築系の学科を卒業したスタッフを雇っていますが、専門性が高い仕事であるため教育も行いながら日本の業務をお願いしています。


今後は簡単な設計図のみだけではなく、徐々に設計とは何であるかという部分も教育し、できる仕事を増やしていけたらと考えています。






ベトナムへ来たきっかけを教えてください


まずはじめてベトナムへ来たのは2016年で、青年会議所の部会で開催された視察ツアーがきっかけでした。

そこでベトナムが勢いに乗っている国であることを肌で感じ、惹かれました。

当初は、いきなり会社を起こすのではなく、まず小規模でやってみてダメだったら撤退しようという気持ちでした。


日本人の知り合いもおらず右も左も分からないまま、ホーチミンのアパートの一室を借り、建築大学にリクルートをかけ大学生を数名雇いアルバイトとして様子を見て、その後良いメンバーも集まり軌道に乗ってきたところで、ダナンで会社を立ち上げました。




立ち上げ場所にダナンを選んだ理由もお聞かせください


ダナンに来た理由は、現在会社に欠かせない存在である日本採用スタッフのベトナム人男性スタッフが、ダナンに来たいといったのがきっかけです。


この男性スタッフは日本の会社で2年トレーニングしており、日本語も話せる&技術もあるリーダーとして活躍してくれています。

正直なところ、現在は日本からの仕事をベトナムで受けている状況なのでどこでやってもいい仕事であることと、僕はいろんな場所に行くことも好きなので、ダナンへ来ることも彼らの要望にGoサインを出しました。


設計の仕事は、一人前になるのに10年と言われています。

誰一人取り残さず全員に続けてほしいという意思から、彼らが働きやすい場所で仕事をしたかったので、社員たちの希望に沿い現在ダナンにいます。





青野さんの生活スタイルを教えてください


コロナを抜きにして、3分の2は日本、3分の1はベトナムにいながら仕事の両立を行っています。

2か月日本、1ヵ月ベトナム、2か月日本、1カ月ベトナムという具合で、妻や子どもは日本で生活しています。


ベトナムではベトナムのバイクの免許と車の免許を取得しており、移動は自分で運転をすることが多いです。

住居もその都度ステイ先を決めて、違うところに住むスタイルにしており、色々なところに行くのが好きな僕にはすごく合ったライフスタイルになっています。




ベトナム語はどのように習得されたのでしょうか?


ベトナムにきちんと来たのは3年前で、今は簡単な日常会話程度を習得しています。

勉強方法は初めに10冊のベトナム語の本を購入し、それを何度も何度も読み続けるという方法です。

大体それを継続的に行い一年で一気に単語や文章を詰め込みました。


ベトナム語は、注意のことをchú ý(チューイー)と言ったりするなど、漢字由来のものも多いので日本語と似ている部分もたくさんあります。

勉強するのは好きなので、日本やベトナムを行き来しながら楽しく継続して学ぶことができました。

ただ実際使ってみると発音で伝わらないという壁にぶつかります。

会社には1、2名日本語を話すスタッフはいるのですが、自分でベトナム語で会話や指示出しを行うなどして実際にベトナム語を使用しながら現在も勉強中です。




ベトナムで仕事をすることで、日本と異なる点はありますか?


一般論としてベトナム人は~というのはあると思いますが、「結局は“誰”と会うか」だと思います。

日本人よりも家族想いの度が過ぎているな・・・とは思いますが、仕事をする上ではベトナム人だからというフィルターはあまりかけていません。


例えば、建築学科を卒業した日本人とベトナム人、細かなことは抜きにして相対的にレベルは同じだと思います。

ベトナムにも優秀で、いい人材はいます。これからもそういう人材を雇用して一緒に仕事をしたいと思っています。






ベトナムで仕事をする上で気を付けていることを教えてください


僕は通常日本にいることも多く、ベトナムを見ることができない期間も多いので、会社を組織化し社員とのコミュニケーションを大切にしています。


例えば社員数は10名ですが、マネージャーと2グループに分けそのチームリーダー2名の計3名とは常に連絡を取るようにしています。

出社したら毎日その日やることを送ってもらい、帰社の際はその日できたことをメッセージツールで報告することを徹底させています。

ほんとに野放しで(日本人管理者がいない期間も)出来ているのか?と他の人から聞かれることはありますが、そこは信頼ということになってきますね。


またベトナムに来たときは、宴会を必ず行うようにしています。

社員たちはサッカーも好きなのでサッカーチームを作って小規模ながらもサークル活動などを行えるように配慮も行っています。




お休みの時の過ごし方を教えてください


特にゴルフなどの趣味はないのですが、しいて言えばベトナム人に日本語を教えています。


趣味で「Lớp học tiếng Nhật Fuji:フジ日本語教室」という名前で日本語を流暢に話せるようになるようになるコンテンツをもっており、YouTubeとFacebookの動画配信サービスを利用し発信しています。

よくあるN1、N2のための勉強ではなく日本人の様にナチュラルに話せるようになってほしいという思いから始めたもので、今後仕事にもなればいいなと思っています。


日本の大学で非常勤講師として働いているのもそうですが、学ぶことや人に教えることが好きでそれがライフワークになっています。




ベトナムのおすすめ料理・レストランはありますか


日本人コミュニティーと関りを持つようになったのは最近で、食にもあまり興味はないので正直お店はあまり知りません。

ただ、ローカルフードは大好きで、安くておいしいものをよく食べています。


ダナンにいますが、ブンチャーハノイは好きですね。(笑)

あとチャオ(:おかゆ)やフーティウ(:麺料理)も好きです。

マムトムなどの少しにおいが強烈なツケダレも好きです、アンザン省にたくさんヌックマムの種類があるのでベトナムの調味料が好きな方におすすめです。





これからダナンに進出しようとしている人に向けてエールやアドバイスをお願いします


現地にいる人(ベトナム人)を理解し、味方につけることが大切だと思います。

また仕事場の雰囲気づくりも大切です!

ベトナムは若くてやる気に満ちた人材も多くいます、若い力を十分に活かすことを考えると良いのではないでしょうか。





編集後記


青野さん、突然のインタビュー依頼にも関わらず、貴重なお時間をいただきありがとうございました。

今回はカフェでお話をして、移動中や、仕事場を見せて頂きながら、お話し頂いた内容を元に作成させて頂きまました。


青野さんは、仕事関連の各種資格すべて取得、建築の知識をさらに深めるために転職、その後祥設計をお仕事仲間と始められ、海外進出にも挑戦されました。

ベトナムに始めてきて5年、ダナンで建築設備設計会社を設立してから約3年ですが、ベトナム語にも精通されている方であり大変な努力家ですが、それを自然と楽しくこなしてしまう才能がある方であるように感じました。


ダナンにはIT系の仕事や工場でのお仕事をされている方が多いのですが、海外進出は幅広い分野で可能で、良い人材も確保することができるということもお話から見えてきて、海外進出を考えている方にも大変ためになるお話を頂けたのではないでしょうか。



次回ダナンに住む日本人インタビュー企画第5回目は、また違ったジャンルの在住者の方のお話を伺いたいと思っています!お楽しみに。




【ダナンに住む日本人インタビューシリーズ】

【ダナンで働く日本人①】日系美容サロンBeauty Atelierの鴇田さんにお話を聞いてきました。

【ダナンで働く日本人②】ベトナム産の安心食品を販売するTable Produceの池田さんにお話を聞いてきました。

【ダナンで働く日本人③】お客様の「楽しかった」の一言が喜び!H.I.Sの石橋さんにお話しを聞いてきました。

【ダナンで働く日本人④】建築事務所「祥設計」の青野さんにお話を聞いてきました。(本記事)




Với các quý khách hàng kinh doanh trong lĩnh vực nhà hàng, cafe, khách sạn, spa, cửa hàng có nhu cầu đăng bài trên site này thì vui lòng liên hệ với chúng tôi qua email danang@caters.co.jp.

※本記事掲載の店舗情報、料金などは取材時点で確認した情報です。各情報は記事掲載後に変更されていることがあります。
なお、本記事に掲載された内容による損害等は、弊社では補償いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

Danangdeビジネス

アジア・ASEANにおいて特に経済発展が著しいベトナムでも注目の都市ダナン。ホーチミンから飛行機で約1時間15分、ハノイからは約1時間20分とアクセスが良く、ダナン空港からダナン市の中心地までは約3kmとタクシーなら10分、ビーチまで20分とコンパクトでありながら、サミットも開催された国際都市。ベトナム中部人材の人柄と、ビーチリゾートとしても有名な環境の良さはビジネス拠点としても大躍進中です。

[問い合わせ先]

日本国内
ダナンの人材サポートのことなら カテル有限会社
〒320-0805 栃木県宇都宮市中央本町4-23
カテル有限会社
TEL 028-666-6666
メール

ダナン市
ダナンの海外進出、人材採用コンサルティングは カテル・ド・ベトナム社まで
15th floor, Vietinbank Building, 36 Tran Quoc Toan Street,
Hai Chau 1 Ward, Hai Chau Dist., Da Nang, Viet Nam
Caters de Vietnam Co.,ltd.
TEL 0236 3550 021
Mail