【ダナン就職在住までの道のり】就労ビザ取得のための健康診断inダナン

こんにちは

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】シリーズでお届けしています。今回は9回目となります。


前回までのビザとは違い今回はワークパーミット(労働許可書:就労ビザ)に必要な健康診断のお話です。

ちょっと長い題名なものではしょっていますが同じシリーズとしてご観覧下さい。



関連の記事は↓から^^

【新卒女子がダナンで働くまで】(プロフィール)

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】ダナンに行く前にやるべき11のこと

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】ビザ①渡航証明の申請

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】予防接種

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】ビザ取得②

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】ビザ取得③完

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】荷物を送る


【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた(本記事)

【ダナン就職在住までの道のり】就労ビザ取得のための健康診断inダナン

【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

【ダナン生活】ベトナムでの郵便受け取り方法!EMSや国内郵便4パターンの紹介

【ダナン生活】ベトナム在住者OLの休日の過ごし方






就労ビザ取得のための健康診断


就労ビザ取得のためには、ベトナムにて指定された病院で健康診断をする必要があります。


就労ビザ(労働許可書)そのものに必要な書類は

パスポート、労働許可書申請書、写真2枚(4㎝×6㎝)、日本の無犯罪証明書、ベトナムでの健康診断書、雇用契約書、各種専門家や技術者などの証明書、企業登録証明書、人民委員会からの採用承認証明書、

の9つの書類が必要になります。







必要なもの



健康診断のお金(日本円にして約1万5千円)

パスポート

証明写真4㎝×3㎝(3枚):ベトナムでも写真を撮ることができますが、日本から何枚か持っていきました。サイズは4×3㎝ではなくてもいいようです。






健康診断内容



採血

尿検査

視力検査・眼科検査

歯科検診

レントゲン

脳波検診

心電図

身長体重

内診1(足のことを聞かれる)

内診2(お腹のことを聞かれる)





おすすめの服装



上半身を脱がなければならない検査が

レントゲンと心電図でありますので

上下が分かれているタイプの服装がおすすめです。

その他は短パンでもタンクトップでも、運動靴でも、サンダルでもなんでも大丈夫です。

女性の方は前がボタン式のワンピースであればどうにかなるかもしれませんが、心電図の時に全部脱がなければならなくなりそうなので上下分かれている服装で行くのが賢明です。






実際の様子



健康診断は指定された場所で受ける必要があり、

私の場合Da Nang General Hospitalに行ってきました。

体調不良で訪れたことのある病院はHospital Hai Chau District(国立病院)とHoan My Da Nang Hospital(私立病院)で、Da Nang General HospitalはHospital Hai Chau Districtと雰囲気が似ていました。

日本の病院の綺麗さとは異なりますが比較的綺麗な病院であると感じました。




健康診断の受付はこちらから。

受付は院内にいくつかあるので結構あちこち回ってしまいました。

Wi-Fiもありました。




余談ですがベトナムは銀行でも、病院でもこのゴムひもが付いたペン立てが置いてあります。

このゴムがあまり伸びないので書きにくいんですよね。

小さいころよく見たので懐かしいなと思いました。






書類は3枚全く同じものを書かなければなりません。

用意されている書類の記入欄を埋めた後に証明写真をそれぞれの紙に1枚ずつ貼ります。

ちょっと疲れます。

コピー代6.000VND(約30円)、も支払いました。






違う受付に行き健康診断の支払いを済ませて、

一番初めに受付したところに戻り、尿検査や血液検査を受けました。






院内は本当に広いのであちこち行きます。

どこに何があるか分かりにくいので、とてもじゃないですが一人だったら1日掛かっても健康診断終わらなそうな雰囲気。





視力検査は文字が英語なだけで普通に終わります。






眼科検査はなんか明るい光をしばらく当てられ続けました。

傷がないか見ていたのでしょうか、何をされているか分からない怖さがありました。でも無事に終わって次へ^^




歯科検診はお医者さんと対面し、口の中を上下左右パパっと見てものの5秒で終わり。早いです。





レントゲンは、上半身に何もつけず、

部屋に置かれている(皆が地肌につけて着まわしている)上着を着て立ったまま取ります。

着替えている間とレントゲンを撮る間は誰も入ってきません。

衛生的に上着を着たくなかったのですが上半身裸という恥ずかしさには負けて渋々着ましたが、もう少しどうにかならないのかなと思ったりしました。




続きまして脳波検診です。

私脳波検診の経験がなく、終始楽しめました。

頭にゴムでできた網状のヘルメットをかぶせられ、横になります。

理科実験で使う赤と緑のクリップの付いたリード線のような30本以上の線を頭にくっつけられます。

検査内容は(英語の)指示に従いながら目を閉じたり目を開けたりしました。


脳波検診の状況が人体実験のようで面白かったので写真を撮りたいといったところ優しく却下されました。

機械の写真もダメでしたので結果だけの写真になります。





心電図は上半身を脱ぎ、かゆみ止めパッチのようなものを貼られなければならなかったので、結構緊張。

「心電図をされます」と言われていたらいいですが検査前は何の検査なのか全くわからないので、怖いです。


早くしてとせかされましたが、ならやってくれ~と思いつつ

女性の方が担当なので最終的に観念しました。


その後に計測した身長体重もかなり適当。最後の内診もかなり適当でした。

「病気したことはありますか?」「痛いところはありますか?」

等の簡単な質問で終わりです。

よっぽど問題がない限り、この健康診断パスできるのではないかなと思います。






結果は後日‥‥


後日結果を病院に取りに行き、結果は健康。

その後無事ビザも取得することができました。


もし受ける場合はベトナム人の方と行くと思うので心配はないと思いますが、ベトナムの健康診断は適当なのか適当ではないのか分からないそんな健康診断でした。






Với các quý khách hàng kinh doanh trong lĩnh vực nhà hàng, cafe, khách sạn, spa, cửa hàng có nhu cầu đăng bài trên site này thì vui lòng liên hệ với chúng tôi qua email edit@danang.jp.

※本記事掲載の店舗情報、料金などは取材時点で確認した情報です。各情報は記事掲載後に変更されていることがあります。
なお、本記事に掲載された内容による損害等は、弊社では補償いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

Danangdeビジネス

アジア・ASEANにおいて特に経済発展が著しいベトナム。
特に中部のダナンは、人口約96万人のベトナム第三の都市とも呼ばれる港湾都市。
首都のハノイと南部のホーチミンから片道1時間強とアクセスが良く、日本の各都市からも直行便が飛んでいます。ダナン市内もコンパクトで、国際空港から中心地まではタクシーで約10分、ビーチまでは約20分の距離。
リゾート地としても知られるダナンは、主要国首脳会議が開かれるほど治安も良く、IT系や工場系を主とする国際的な企業からもビジネスの拠点として選ばれています。

[問い合わせ先]

日本国内
ローカルスタイル株式会社
〒320-0805 栃木県宇都宮市中央本町4番23号
ローカルスタイル株式会社
TEL 028-616-8668
メール

ダナン市
ダナンへ進出する際の会社設立、人材採用コンサルティングは Danang.Style - 自動車レンタル、通訳、現地コーディネートなどもおまかせください -
15th Floor, Vietinbank Building, 36 Tran Quoc Toan Street,
Hai Chau 1 Ward, Hai Chau Dist., Da Nang, Viet Nam
Danang Style Co.,ltd.
TEL +84 (0)236 3550 021
Mail