【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

ダナンで半年ちょっと生活をしている、日本人のMy(ミー)です。

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】シリーズでお届けしています。今回は10回目となります。



今日はベトナム、もしくはダナンへの中、長期滞在者向けに、日本から持ってきてよかった、持ってきた方がよかった、と思うものを15個リストアップしました。

ダナンで日本製品は高いのですが、中でももっと持ってくればよかった!なんてものを上げてみましたので参考までにご覧ください。




前回までのビザやワークパーミット(労働許可書:就労ビザ)に必要な健康診断のお話、国際便の受け取り方についても記載しています。

ちょっと長い題名なものではしょっていますが同じシリーズとしてご観覧下さい。

今までの記事は↓から^^

【新卒女子がダナンで働くまで】(プロフィール)

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】ダナンに行く前にやるべき11のこと

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】ビザ①渡航証明の申請

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】予防接種

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】ビザ取得②

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】ビザ取得③完

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】荷物を送る

【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた

【ダナン就職在住までの道のり】就労ビザ取得のための健康診断inダナン

【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの(今回)







①海外対応のドライヤー



【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

基本的に日本で使っているコンセントは日本でも使えます。

しかしボルト数が日本は100Vに対してベトナムは220V/50Hzのため、変圧器もしくは220Vにも変更/対応可能な商品が必要です。

iPhoneやカメラの充電器などの製品の電源アダプタは、変圧器が不要な場合が多いです。念のため充電器を確認しましょう。(私は普通に使用しています)

日本のドライヤーは基本的に海外対応でなければ100Vなので、海外対応のドライヤーを購入しました。

ベトナムでもドライヤー自体は1000円程度から購入することができますし、日本製品も大きな販売店や通販で手に入れることができますが、風圧が強いため、髪にこだわりがあり、気になる方は購入しておきましょう。





②書籍



【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの


ダナンの海外書籍も取り扱う、Fahasa Book Storeには日本のコーナーもあります。置いてある種類は裁縫系(編み物・洋服型)、絵本、漫画、アニメ漫画のイラスト集、日本語検定問題集で、文庫本は一切取り扱いがありません。

英語の書籍は大体のお店で子ども向けから大人向けのものまで多く取り揃えられています。


買わないまでも何か読みたいなというときはコワーキングスペース&カフェspace A日系美容室Beauty Atelierに併設されているカフェ、一番蔵書率が高い日本の定食や料理が食べられるさくらフレンズカフェなどへ訪れてみて下さい。


実際に本を持ってこなくても日本では電子書籍がかなり浸透してきていますので、スマホやタブレットで使用できるkindleを利用するのも良いでしょう。

いずれにせよ、何かしらインプットできるもの、没頭できるもの、日本語に触れる機会も日本に比べたら少ないと思うので日本語に触れられるものがあると、より良く生活することができるのではないかな思います。





③衣服(ユニクロパーカー・キャミソール)



【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

ベトナムでの衣服は500円から平均は1000円、2000円程度、高いものはキリがないという感じです。

ちなみにダナンにあるグローバルファッションブランドはGAP、リーバイス、 Addidas、 Nike、ECCO、SKECHERS、ALDO、Triumphなどです

ハイブランドの店舗は現在ハノイやホーチミンにしかありません


またダナンは日差しが強いのでUVカットパーカーが非常に重宝します

ユニクロのUVカットパーカーおススメです

合わせてキャミソールも何枚か持ってくるのをおすすめします。

ベトナムではキャミソールを着る文化は全くないため、薄手で通気性のいいキャミソールは見つかりません。


その他の衣類はダナンで購入した方が荷物は収まりますが、1000円から2500円程度の服はほつれていたり、裁縫が雑です。裁縫セットも合わせてあると良いでしょう。




④靴



【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

靴は服同様に500円ほどから1500円程度で購入できます。

しかし安かろう悪かろうなので、寿命も短いです。


ベトナムで販売されているサンダル類は、基本的にソール部分はゴムでできているものが多く柔らかく、折ったり、ねじれるものも多くあります^^;

基本的にベトナム人はバイク移動なので歩くことをあまり考えて作られていないのだと考えます。

「柔らかければ柔らかいほどいい」とセールストークもされましたが、ある程度硬いソールがないと足に全部の負荷がかかってくるため購入は断念。

デザインも大半がハイブランドの雑なパクリものです。


運動靴やヒールのある靴の場合はまだよいのですが、それでも日本の方が安くて色んな種類のものが良い品質で手に入ると思います。

ダナンにある日本人になじみ深い国際ブランドはナイキとアディダス、ECCOのみです。値段は日本とととんど変わりません。

靴は脱ぎは気がしやすく、ある程度汚れてもいいものを持っていくことをおすすめします。





⑤化粧品(特に基礎化粧品と日焼け止め)



【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

化粧水と乳液、日焼け止めは絶対に持ってきた方がいいです!

ラポッシュポゼは日本と同じぐらいの値段で薬局で購入することができます。しかしスーパーや薬局に行っても種類はせいぜい6つ。

化粧水、乳液、クレンジング、日焼け止め、ネイル、ネイルリムーバー、その他化粧用品(アイブロウ等)


特別海外の商品を扱っているお店に行けば2倍から3倍しますが、日本製や韓国製のものを購入することができます。

また通販でも購入することはできますが、ベトナムは全体的に模造品であふれかえっているのでどれも信用なりません。

私が信用しているのは薬局で販売されているラポッシュポゼとパークソンにあるコスメブランドラインのランコムです。化粧水はベトナムブランドのものを使用しています。

他の物価が安いので出すのはいいのですが、少しばかばかしく感じるので、持っていける分は持っていきましょう。


ベトナム人も基礎化粧品や日焼け止め、肌につけるものは日本製品を使用していることが多いです。

そもそも、フランス製か日本製のものしか流通していないので、

マスクは韓国製が圧倒的に人気です。





⑥食器・調理用品等



【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

特にスプーン・フォーク・ナイフ・箸・包丁・ピーラー・グラス・コップ

等1個づつや2個ずつであればそこまで荷物にならないかと思います。

日本で暮らしていた際に持っているものがあれば持ってきた方が良いと思います。


こちらで購入しようとすると、日本で100均で購入できるものが2、300円となり、種類もあまり豊富ではありません。

お皿やグラスは種類が豊富なので、その辺はこちらに来てから購入するのでも問題ないと思いますが全てをこちらでそろえるのは骨が折れます。


またアパートによっては備え付けのものがある場合も多いです。

しかし誰が使ったかもわからない、清潔でないものもあります。

フライパンだけは電気かガスか分からないと思うので現地で購入しましょう。(1500円程度から購入可能です。)





⑦袋留めクリップ、ジップロック



【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

ダナンは会社でも家でも小さい赤茶色のアリが大量にいます。

そのため5分でも食べ物飲み物、調味料を出しておくと中にありが侵入してきます。(アリ以外の小さな虫も)

そこで袋止めクリップは大活躍です。

砂糖、塩、コンソメ、ポテトチップス、パンなどの食品の他にも粉洗剤の袋とじにも使えます。

湿気もすごいので、あるととっても便利です。

写真のような瓶などをダナンで購入するのも構いませんが一つ300円~600円ほどしますので、無駄な出費を抑えたい人は日本の100円ショップでクリップを購入しておきましょう。







⑧調味料



【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

普通にスーパーで手に入るものは醤油、さとう、塩、味の素、マヨネーズです。

その他の調理用酒、みりん、白だし、ポン酢、お好み焼きソース、は普通のスーパーでは販売されていません。

一部時期によっては販売されていないものもあるかもしれませんが日本からの輸入食品を扱うAKATUKI、Joly Martで販売されています。


日本から持ってきてよかったものは粉末昆布だし、白だし、生姜チューブです。

普通にスーパーで手に入るもの以外(醤油、さとう、塩、味の素、マヨネーズ)はこちらでは2倍から3倍の値段で販売されているためどうしても必要なものがある方は持ってくるが良いでしょう。






⑨レトルト商品(パスタソース、カレー、味噌汁)


【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

ダナンに来てまず驚いたのはレトルト食品がほとんどないことでした。

インスタントのカップラーメン、レトルト食品は重宝するので、持ってくると良いでしょう。


ロッテマートで”サトウのごはん”の韓国ブランドのものや日本からの輸入食品を扱うAKATUKI、Joly Martで日本からの輸入品を少しであれば手に入りますが、カレー、パスタ、

のレトルトと缶詰、ジャムの種類は一般的にポピュラーではありません。

また乾燥パスタ自体は売っていますが、トマトソースのビン詰めのみで日本のように豊富なバリエーションを期待してはいけません。

ダナンでさとうのごはん、おかゆ、パスタのソース、味噌汁、カレーのレトルトを購入したい場合は日本からの輸入食品を扱うAKATUKI、Joly Martで手に入ります。




⑩ぬいぐるみ

【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

半分冗談ですが、まじめな理由もあります。

東南アジア諸国全般に言えることですが、模造品が多いということと、とにかく質が悪いです。

お土産の伝統的な布を使ったものなど一部とても良いコンセプトを持った質の高い物もありますが、それはごく一部です。


特にふわふわのぬいぐるみには出会えません。

アメリカのキッズ向けのハードなぬいぐるみはきちんとしたビンコム(複合施設)に入っているお店屋さんに行けば販売しているところはあるのですが、かなり少ないです。

ダナンに来て、外国人の私たちが少数のお店の中からお気に入りのものを見つけられる確率は低いと考えた方がいいため、もし必要であれば日本で用意しておきましょう。




⑪かみそり



【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

基本的に日本の薬局やコンビニで販売されているタイプの600円~1800円ほどのかみそりは手に入らないと考えましょう。

かみそりは、男性用のしかも簡易的なホテルのアメニティーで付いてくるもののようなカミソリばかりが販売されています。

ベトナムでは女性は足や手などの毛を剃ることは一般的ではありません。

最近では毛を剃る女性や、脱毛に行く女性もいますが、ベトナム人男性からも「え?足や手の毛を剃るの?そのままでいいじゃん」と驚かれることもあります。

ダナンではアントゥンエリアのコンビニでフェイス用カミソリは一部の店舗で見かけたり、スーパーでも売っていることは売っているのですが、欲しい製品がない場合がありますので、日本から多めに購入して持っておくのをおすすめします。







⑫お薬ボックス



【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの


人によってはベトナムの薬を飲んで酷い副作用に悩まされてしまうこともあります。

実際筆者も今まで起きたことのない酷い嘔吐と頭痛に悩まされました。

ベトナム人に言わせると、日本の薬は効かない、という人もいますがそこは育った環境も違うので一緒に考えない方がいいでしょう。


というのもベトナムで販売されている薬は海外製品がまだ多く、処方箋医薬品が処方箋なしで購入できる場合もあり、「よくわからない」のです。

もちろん薬の成分を一からネットで調べるのも手ですが、本当に体調の悪い時に無駄な労力は避けたいものです。

鎮痛剤、胃薬、解熱剤、風邪薬、下痢止めなどの最低限の薬は普段使用しているものを持参することをおすすめします。

もちろん激しい痛みを感じる場合は病院へ行き、そこでの指示に従うのが良いですが、症状が軽い段階は自分で治せると便利ですよね。


日本で販売されている市販の薬は貴重で、日本人在住者の知り合いに頼んでゆずって頂くこともあります。

少し多めぐらいに用意しておくのが良いでしょう。





⑬ゴキブリホイホイ



【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

ベトナム、ダナンには困った生物トップス3がいます。

ネズミ、ゴキブリ、アリ、です。

特に家での出現率が高いのがゴキブリとアリです。

ベトナムでもゴキブリホイホイのような商品はBIGC等のスーパーで販売されています。が、販売していないところも多いです。

私が実際に日本から持ってきて聞いたのはブラックキャップの1年間効く!という商品。

ワンルームの部屋とトイレバスに合わせて12個置いています。かなり効きます。






⑭イヤリング



【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

ベトナム、特にダナンではイヤリングは手に入らないと考えた方が良いでしょう。


ベトナム人は比較的早くに耳にピアスホールを開ける習慣があります。

そのため、イヤリングの習慣はありません。

ダナンでもÁ Đông Souvenir・DISTRICT9など一部のお店でしか購入することができません。

デザイン自体はかわいいものも多いので、簡単な工具とイヤリングの金具を購入しておくのも一つの手になります。





⑮文房具(特にノート類)



【ダナン就職在住までの道のり】日本から持ってくるべき15のもの

ノートと三色ペン、シャーペン、消しゴム等、最低限必要な筆記用具は持ってくると便利でしょう。

こちらでも購入可能ですが、日本のようにコンビニに多様な種類の筆記用具はもちろん販売されていません。

ダナンにある店舗であれば、街にあるFAHASAや、ビンコムに入っているNhà Sách Phương Namという本屋さん、スーパー、街のローカルな小さな文房具屋さん、で購入が可能です。

特にノートに関しては日本のものに使い慣れてしまっていると、海外輸入の多いベトナムで販売されている製品の柄の多さや紙の薄さなどが気になってしまいます。

大量に必要でない場合は最小限持参することをおすすめいたします。









生活用品で必要なかったもの



①生理用品

ソフィの肌想い、Kotexなど日本含む海外製品も多く、特別こだわりがない人であれば生活できると思います。

羽付き、夜用も充実しており、日本と変わらないレベルに品ぞろえもあり、スーパーはもちろんコンビニなどでも購入することができます。



②シャンプー・ボディーソープ・石鹸・パック

パンテーン、ダブなど日本でもおなじみの商品がスーパー、コンビニ、複合施設に入っている薬局にて販売されています。

石鹸やパックも同様に豊富な種類が販売されており、選択肢は豊富です。



③日本のお米・炊飯器

日本米はコンビニやスーパーで簡単に手に入れることができます。

また、即席ごはんの代名詞でもある「さとうのごはん」のようなものも日本から輸入されたものと、韓国メーカーのものを手に入れることができます。

炊飯器も日本の高機能炊飯器ではありませんが、ある簡易式の安価なものから、ある程度機能が付いた海外製品も電化製品を扱う大型ストアや通販で購入することができます。

借りているお部屋によっては炊飯器がついているところもあります。

短期の駐在の方はレンジでチンして食べられる即席ごはん、もしくは外食で補うことができそうです。



④日本のお菓子

キットカット、ポッキー、コアラのマーチ、オレオ、ハリボ、雪見だいふく、アイスもなか、グミ系など日本で販売されているお菓子やクラフトアイスも一部ではありますがコンビニで購入することができ、だれでも手に入れることができます。

値段はマックスで、日本の2、3倍といったお金を出せば購入することができます。



逆に販売されていないかもしれない、見かけない商品は、じゃがりこ、ポテトチップス系、プリッツ、おせんべい系(歌舞伎上げ・うす焼き等)、うまい棒、アルフォート、パイのみ、ベビースター、乾麺など等きりがないほどありますね^^;

ベトナム人(ダナン人)は日本人に比べ、チョ子レート菓子や甘いお菓子などを摂取しませんし、ベトナム人の平均給与から考えると上記に上げたようなお菓子は少し効果ですしそこまで必要なものでもないのだと思いますが、キットカットはどこに行っても販売されている普通のお菓子です。

特にチョコレート菓子は日本でおなじみの海外ブランドも販売、M&M、ハーシーのキスチョコレート、トブラローネ、リンツなどもあるのでチョコレート系は特に持ってくる荷物の中ではプライオリティーは低めで良いのではないかと感じます。





おわりに



今回は日本から持ってきてよかった、持ってきた方がよかったと思うものを15個

ベトナムダナンの生活状況も交えてご紹介いたしました。

ベトナムは物価が安いと思われがちですが、海外輸入がほとんどであるため日本の方が安かったりすることも多いです。

参考までにご覧いただければと思います。







書いている人について


Danang.styleではダナン在住日本人のMy(ミー)とベトナム人のPhuong(フォン)の

20代女子2人組が女子旅気分で体験取材をして掲載しています。

観光スポットから在住者の方向けのお店までセレクトしており、ダナンのお店情報を2019年6月より平日ほぼ毎日掲載しています。

皆様にとってダナン滞在がより良いものになれば幸いです。

私たちの公式Instagramはこちらから→Danang.style

トップページはこちらから→Danang de 観光


Với các quý khách hàng kinh doanh trong lĩnh vực nhà hàng, cafe, khách sạn, spa, cửa hàng có nhu cầu đăng bài trên site này thì vui lòng liên hệ với chúng tôi qua email danang@caters.co.jp.

※本記事掲載の店舗情報、料金などは取材時点で確認した情報です。各情報は記事掲載後に変更されていることがあります。
なお、本記事に掲載された内容による損害等は、弊社では補償いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

Danangdeビジネス

アジア・ASEANの中でも特に景気発展が著しいベトナムでも注目の都市ダナン。ホーチミンからは約1時間15分、ハノイからは約1時間20分、ダナン空港からダナン市の中心地までは約3kmとタクシーなら10分、ビーチまで20分とコンパクトでありながら、サミットも開催された国際都市。ベトナム中部人材の人柄と、ビーチリゾート地としても有名な環境の良さはビジネスでも大躍進中です。

[問い合わせ先]

(日本国内)
〒320-0805 栃木県宇都宮市中央本町4-23
カテル有限会社
TEL 028-666-6666
メール

(ダナン市)
Floor 9, Seabank building, 373 Nguyen Van Linh street, Da Nang
Caters de Vietnam Co.,ltd.
TEL 0236 3550 021
Mail