【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた

【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた

Xin chào!ダナン在住日本人のMy(ミー)です。

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】シリーズでお届けしています。今回は8回目となります。

ちょっと長い題名なもので今回は題名をはしょっていますが同じシリーズとしてご観覧下さい。


今回は日本の栃木県からダナンにEMSを送り、受け取るまでの流れを記載してみました。

日本からダナンにEMSを使って荷物を送ろうと考えている皆さんの参考になれば幸いです。


初めに申し上げますとEMS、とても面倒です。

手荷物で持っていくのが一番だと私は思います。




今までの記事は↓から^^

【新卒女子がダナンで働くまで】(プロフィール)

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】ダナンに行く前にやるべき11のこと

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】ビザ①渡航証明の申請

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】予防接種

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】ビザ取得②

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】ビザ取得③完

【新卒女子が行く!ダナン就職在住までの道のり】荷物を送る

【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた(本記事)







そもそもEMSとは


EMSとは国際郵便の中で一番早く、追跡もでき、早いわりに安いという特徴を持つサービスです。


以下の表は日本郵便のホームページから、地域を選択し荷物の重さをいれるとどれぐらいで届くのかシミュレーションしてくれる機能です。


EMS以外にもベトナムに荷物を送る方法はありますがこの方法が一番適切だと思い、EMSを選択しました。

その他の荷物の送り方の種類はこちらをご覧ください。

【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた

このシミュレーション、実際と送料の金額は合っていたものの、

お届け日数の相違は14日間。

実際は20日かかりました。


理由は関税を通るからです!!

EMSは必ず関税を通ります!



私は「届け日数6日」っておかしい。と思い少しでも返金してもらえないかと考えましたが。結果は無理でした。

「関税の期間を入れず、且つほかの配達サービス(船便:2か月かかる)などと変わらない場合は差額を支払う」そうです。

もし上記に該当した場合は返金してもらいましょう。



しかし荷物の中身が1つだけであれば6日でも到着するのでしょうか。

いいえ、関税通ったらまず6日間では手元に届かない、と私は思います。

EMSでも20日~30日は掛かるということを考え荷物を送りましょう!






ベトナム関税の罠


海外の場合、荷物は関税を通り、荷物の中身をチェックされ、物一つ一つに税金がかかります。

国や地域によってことなるのですが、ベトナムの税関については日本人からもベトナム人からも”厳しい””ひどい”という声が上がるほど。


他の国と比べたことがないのと、正直どこの国に行っても関税は高いと思いますので仕方がない!としか言いようがありません。

日本から荷物を送る場合は荷物に関税がかかるということを覚えておきましょう。

また関税は高いと覚悟しておいた方が良いです。






実際に荷物を受け取るまでの流れ



5/17 栃木県宇都宮市から午後発送

5/20 ハノイ(税関)到着

5/23 EMS関税の手紙が自宅に届く(手続きをする)

6/5 ダナン到着【発送から20日】

7/3 EMS追跡し、荷物が届いていることを知る(電話番号がなかったから電話できなかったと言われる:届いた荷物に普通に記載されてた^^;)

7/17 ダナンの郵便局にて1人で行き英語で確認(郵便局の人は喋れないためお客さんに通訳、ベトナム人の友人に電話で助けてもらう。ハノイにあると言われる)

7/19 同僚に荷物を届けてくれるように電話してもらう

7/23 午前再配達・受け取り完了











EMSの送り方(in日本:郵便局)


【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた


郵便局に行きEMSのオレンジ色のラベル(フォーマット)をもらいます。

EMSのラベルは通常の伝票置き場に置いてあるはずですがない場合は窓口にてもらいます。

夜間窓口でも対応していますので、日中に行けなくても大丈夫です。

伝票の書き方は日本郵政のHPにのっていますのでこれを見ながら書きましょう。

住所を英語で書く場合に使える、Address変換サイトも便利です。


荷物の中身の種類が5つを超える場合は、

「税関告知書補助用紙(CN22/CN23)」も窓口でもらいましょう。CN22/CN23というのは紙の名前なのですが気にしなくて大丈夫です。




※私は郵便局のお客様サービス相談センターに電話し、EMSについて聞きました。しかし私が電話した時は5月だったこともあり、新人さんだったのかもしれませんが、正しい情報を教えてもらうことができませんでした。

国際郵便マイページサービスというのがあり、EMSのラベル印字、プリントサービス(請求から発送まで5営業日前後かかる)、必要書類は家でもプリントできる、というものなのですが

なんども上司に確認したのでしょう、何度も電話口で待たされたのち

「できない、窓口にある書類で書いてください」と言われました。^^;

え、説明それだけ?^^;

ほんとに出来ないのであれば詐欺ですよ・・・。大丈夫ですか。

とにかく、国際郵便についてはまだまだポピュラーではなく、分かる人にしか分からないもののようなので、あまり期待はしてはいけません。

荷物を送る1週間前に準備が必要ですが荷物がたくさんある方は国際郵便マイページサービスが利用できるので、活用してみて下さいね!(私はできないと言われましたが!笑)





【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた

これは荷物の中身の種類が5つを超える場合に必要な「税関告知書補助用紙」です。


EMSの紙は普通の伝票と同じように置いてありますが

「税関告知書補助用紙」は窓口の人に言わなければもらうことができません。

「税関告知書補助用紙」には内容物を細かく書く必要があります。

写真は私が実際に書いたものなのですが、関税を減らすにはもっと細かく書く必要があります!

そのため中身は参考にしないでください。





【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた

荷物を梱包したら、そのまま窓口に出し送料を支払います。


料金はシミュレーション通り。

10キロ越えで1万1300円。小さくても重いとお値段がします。

伝票は必ず控えておきましょう。


これで日本での手続きは終了です!






EMSの受け取り方(inベトナム)



【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた

ベトナムに着き、ハノイにある関税を通過し、荷物に対する税金が決まると、所定の紙が自宅に届きます。(大家さんが受け取ってくれました)





【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた

紙は大きく分けて二種類入っています。

”税金の通知書”と、

”どの荷物にいくら税金がかかるのか細かく書かれてある紙です。

関税のトータルは2.718.000VND(約12,558円)でした。

びっくり!!


その後税金の通知書に記載されているcontact informationにベトナム人の同僚フォンちゃんに電話をしてもらいました。

すると何やら追加の書類が必要とのこと。

メールでやり取りをすることになりました。






【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた

メールで送ってもらった書類ががこちら。


書類には名前国籍旅券番号旅券の期限ベトナムでの住所荷物の内容の詳細を記入します。

書類はすべてベトナム語ですしベトナム語で記載しなければならないので、やはりベトナム人に手伝ってもらわなければ厳しいです。

この書類以外には旅券(顔写真ページ、ビザのページ、入国スタンプ)の写真飛行機のチケット、もスキャンしPDFにして上記の書類と合わせてメールで転送しました。


この作業が終わるとハノイの関税からダナンに荷物を送ってもらえます。






【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた

その後はEMSの追跡サービスを使い、荷物の状況を確認をしましょう。

通常は届ける直前に家にいるかどうか確認の電話が掛かってくるため勝手に待ちぼうけしていました。荷物の確認はこまめにしましょう。





【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた

荷物が届いているのに、届かない、電話が掛かってこない、という場合はベトナムの郵便局に問い合わせます。


郵便局はベトナム語しか対応していないため、ベトナム語がしゃべれない場合はベトナム人の助けが必要になります。

お問い合わせ番号とお金と公的身分証明書(パスポートなど)だけもって荷物預かりセンターに行けば受け取りは可能ですが、どこの荷物預かりセンターにあるかを知らなければなりませんので、ベトナム人に助けを求めるのが無難です。


荷物は、所定の郵便局(荷物預かりセンター)に取りに行くか、

日中にいる場所に届けてもらうか、の二択になります。


家でなくても郵便局や自宅近くであれば届けてくれるサービスのようです。

今回は会社に届けてもらいました。





【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた

荷物受け取りの際はお金だけ必要なようです。

荷物にかかった関税2.718.000VND(約12,558円)を配達人に現金で渡し、荷物を受け取りました。

身分証明書確認しなくていいんかい…(電話で確認したときはパスポートとお金が必要と言われました)



全面協力をしてくれたフォンちゃん本当にありがとう。

もう国際郵便こりごりなんで、自分にも送らないし、だれも送らないでくださいっていうのが本音です^^;






まとめ:関税の内訳


黄色:送った時に記載しなければならない税関告知書に実際記載した内容

赤色:送った荷物にかかった税金

青色:送ったが荷物に入っていたが、関税がかからなかったもの

グレー:実際の荷物内容との相違

【ダナン就職在住までの道のり】実際に荷物をEMSで送って受け取ってみた

一番高かったのが皮のカバン。

しかし私、そもそも皮のカバンなんて入れていないんです。

それなのに約3000円の関税。

そのためかばんや服を送る際は素材まで記載した方がよさそうです。


素材が分からない場合も皮でないのであれば「Non Leather」などと皮でないことを明記しましょう。

また、少しでも誤解されそうなものは送らない方がいいです。


あとはクリームですね。

クリームなんて入れていないんですけど、多分フェイスパックが容器に入っているタイプのものだったのでクリームと誤解されたのだと思います。英語で大きく書いてあったのですが、700円の関税。

700円の関税ってもう一つ買える値段なんですけど^^;と思いつつ

ここでも学びが一つありました。美容系は注意が必要です。

今回は送っていませんがサプリメントなども少し怪しいですね。





関税があまり掛からなかったもの


  • ぬいぐるみ(ディズニーで購入したシェリーメイ)
  • 日本語の書籍(観光book、厚さが5㎝ほどの本、文庫本)
  • 日本の調味料(少ない場合はかからない模様)
  • その他使用用途があいまいなもの



関税が高くついたもの


  • カバン類(特に皮に見えるもの)
  • 衣服類
  • 化粧品
  • 折り畳み傘






EMSの注意点


●内容物の記載は素材名まで事細かに記載する(税金対策)


●電話番号の記載はあった方がいい


●お問い合わせ番号を控え、細かく荷物の追跡をする


●約1ヵ月は余裕をもって発送する


●荷物は家で受け取れると思わない


●税金ではかなりお金が取られることを覚悟する


●皮製品は送らない


●大事なものは送らない!なるべく手荷物で持っていく











※本記事掲載の店舗情報、料金などは取材時点で確認した情報です。各情報は記事掲載後に変更されていることがあります。
なお、本記事に掲載された内容による損害等は、弊社では補償いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

Danangdeビジネス

アジア・ASEANの中でも特に景気発展が著しいベトナムでも注目の都市ダナン。ホーチミンからは約1時間15分、ハノイからは約1時間20分、ダナン空港からダナン市の中心地までは約3kmとタクシーなら10分、ビーチまで20分とコンパクトでありながら、サミットも開催された国際都市。ベトナム中部人材の人柄と、ビーチリゾート地としても有名な環境の良さはビジネスでも大躍進中です。

- マスコミ、制作会社の皆さま -

ダナン市でのロケ、撮影サポート・コーディネート等について

弊社は、ダナン市での撮影の支援をしています。現地でのモデル、撮影クルーの手配、現地通訳からロケハン、ホテル専用車の手配まで、トータルでお任せください。

[問い合わせ先]

(日本国内)
〒320-0805 栃木県宇都宮市中央本町4-23
カテル有限会社
TEL 028-666-6666
メール

(ダナン市)
Floor 9, Seabank building, 373 Nguyen Van Linh street, Da Nang
Caters de Vietnam Co.,ltd.
TEL 0236 3550 021
Mail